この星の格闘技を追いかける

【UFN92】川尻、スワンソンに0-3の判定負けも、生き様魅せつける!!!

<フェザー級/5分3R>
カブ・スワンソン(米国/5位)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
川尻達也(日本/14位)

まずは左ローを入れた川尻、距離をとってローや上への蹴りを狙う。そのままスピニングバックフィストで前に出た川尻は、間合いを外したスワンソンにボディを打ち込む。続いて左ミドルを放っていった川尻は、直後に右ロングを被弾。しかし、スワンソンも自らの右でバランスを崩す。

力が入っているかと思われたスワンソンだが右を2発入れると、川尻のシングルレッグを切ってエルボーを落とす。テイクダウンを許さなかったスワンソンが右オーバーハンド、川尻のスピニングバックフィストは空振りに。接近戦でパンチを被弾しても、その場に踏みとどまり、川尻は殴り返していく。

川尻が思い切り右を打ち込むと、スワンソンの動きが一瞬止まる。ボディ、ヒザ蹴りにつなげた川尻は組んでバックにつくや、テイクダウンに成功。パスからマウントを取った川尻は左手で枕を取り、スワンソンがハーフに戻して離れようとすると左のパンチを入れる。フルガードに戻したスワンソンだが立ち上がることはできず、エルボーを被弾。エルボーを落とした川尻はそのままトップをキープし初回を取った。

2R、左ローを2発蹴った川尻に対し、右を合わせようとするスワンソン。川尻は遠い距離から飛び込むような蹴りや回転バック拳を多用。スワンソンは右を入れて、川尻のダブルレッグをスプロールする。ならばと左ミドルを入れた川尻はスピニングエルボーで惑わせ、左ミドルハイ。この試合のために力を入れた蹴りが、上手く作用している。

川尻、スワンソンともに動きがやや落ちると、蹴りからダブルレッグを仕掛けた川尻だが、ここで体を入れ替えられマウントを奪われる。バックマウントからRNCで窮地に追い込まれた川尻。それでもフックと解けると、川尻が脱出に成功する。

試合がスタンドに戻るや、パンチの打ち合いで攻勢に出たスワンソンは押し込んで倒した川尻が両ヒザをマットに着いているにも関わらず、勢い余ってヒザ蹴りを顔面に入れる。インターバルが設けられ、ドクターチェック後に試合再開に応じた川尻。スワンソンは注意を与えられただけで、ペナルティはない。

試合はリスタートし、スワンソンは右を入れ、ここから足を止めての打ち合いに。来い来いとスワンソンを挑発し、自らも鼓舞する川尻はダブルレッグへと上手い切り替えを見せる。それでもケージを背にして倒れないスワンソン。両者、間合いを取り直すと川尻はローでバランスを崩し、パンチの追撃を受ける。厳しいラウンドを切り抜けた川尻、最後の5分間、ここぞ生き様を見せるという時間帯に突入する。

右を入れ、左ローを見せた川尻。スピニングバックフィストは空振りに、右を被弾。前に出る川尻にスワンソンの左、さらに右が打ち込まれる。ダブルレッグからテイクダウンに成功した川尻。スワンソンは両ワキを差すが、川尻は完全に背中をつけさせることに成功する。

蹴り上げからスタンドに戻ったスワンソン、川尻は再び組みついてエルボーを受けながらケージにスワンソンを押し込みボディロック。大きく持ち上げてスラム気味にテイクダウン!!!!

ガードの中から鉄槌、ケージを蹴ってスワンソンがスタンドに戻る。すぐに立ちあがることはできなかった川尻は、左ミドルハイで吹き飛ばされるように後方へ。ボディにヒザを受けた川尻はヒールフックへ。体を反転させたスワンソンがバックに回り、時間をチェック。

残り1分、両足をフックしたスワンソン。そのフックに足をクロスさせた川尻がトゥーホールド。直後に胸を合わせた川尻は起き上がってパンチにいくも、体の軸を失っておりバランスを崩して再び下になってしまう。ここで激闘はタイムアップ。

間合い、タイミング、現代MMAの最先端を研究、研磨した上での足を止めての魂の打ち合いを見せた川尻だったが0-3で判定負け。それでも、確かに生き様を見せてくれた。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie