この星の格闘技を追いかける

【Shooto】TD&トップコントロールの児山、極めに拘るABにスプリットで判定勝利

<ウェルター級(70.3キロ)/5分3R>
児山佳宏(日本)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
AB(日本)

腰を低く落とした両者、ABが左ジャブを伸ばし、児山もジャブを返す。左ジャブを入れた児山をケージに詰めたABだが、ヒザを入れた児山が離れ試合はケージ中央に。児山はダブルレッグでテイクダウンに成功すると、場内は児山コールが起こる。ガードの中にはい合った児山が右エルボー、ABはクローズドで首を抱えに。微妙な蹴り上げを見せたAB、児山は細かいパンチを落とし、左のパウンドを入れる。このままのポジションでラウンドが終わった。

2R、右をヒットした児山は、左フックも入れて前へ。ABは逆にケージに児山を押し込むもいなされ、打撃の間合いに戻る。左フックを当てたAB、児山はシングルから大内刈りを決める。すぐに立ち上がって児山をケージに押し込んだABだが、ダブルレッグを許す。ハイガードからロールし上を狙ったAB、児山はその動きに合わせて一回転しトップを取り続ける。ABのフックガードを超えることができない児山だが、ABも達には行けない。そのABのハイガードを担いで左足を抜いた児山が、ここもトップをキープしてラウンド終了を迎えた。

3R、ABが右を打ち込んだが、児山が直後にダブルレッグからテイクダウン。ABは三角狙いも、児山が足を捌く。立ち上がるよりも極め狙いのABは、ケージ際に移動して立ち上がり体を入れ替えて間合いを取り直す。直後に簡単にテイクダウンを許したAB。ここまで簡単に倒れると、児山が戦いやすい。バックを預けてケージ際までハイハイするように移動したAB。

試合はスタンドに戻ると、児山がシングルでテイクダウン。一気にパスもキムラクラッチを支点にABがスイープからバックマウントを奪取する。乗り過ぎの状態も児山は背中を譲ってしまい、ABがアゴの上からRNCへ。手首を取って防ぐ児山、ABは力を込めるがこのクラッチでは絞めを極めきることは難しい。このまま試合はタイムアップとなり、児山がスプリット判定勝ちした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie