この星の格闘技を追いかける

【UFC198】リネケルがリーチの差を潰し、フォントから3‐0の判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ジョン・リネケル(ブラジル/12位)
Def.3-0:30-26.30-27.29-28
ロブ・フォント(米国)

右ハイからサイドキックを放ったフォントに対し、右ボディフックを返したリネケル。リーチの差をいかに埋めるか。遠い位置からフォントは左ジャブ、続いて右アッパーを入れる。思い切り踏み込んで右オーバーハンドを繰り出すリネケルだが、バックステップでかわされる。至近距離でパンチの回転数の早さで勝負したいリネケルは左ボディを打ち込む。ケージに押し込んでからが勝負のリネケルに対し、そのケージの前を左右に移動するフォントだが、右ローで姿勢を崩す。

すぐに立ち上がったフォントは右ボディを被弾して、懸命に足を使う。リネケルの前進にバランスを崩したガードを取ったフォントが、パウンドを受けながらも立ち上がる。リネケルはすぐにボディブロー、足を使うフォントをリネケルが追いかける展開が続いた。

2R、飛び込んで左フックを入れたリネケル。手数を初回より増やしたフォントだが、逆に距離が近づきリネケルの顔面へパンチも当たりやすくなっている。ケージを背負わないよう戦うフォントは、左ジャブを伸ばす。フォントのローにフックを合わせ、前に出るリネケル。右フックからテイクダウンを狙ったが、これを防いだフォントはリネケルの左フックでテイクダウンを合わせようとする。リネケルもスプロール。掛け蹴りを見せてラウンド終了を迎えたフォントが、初回のような受け身のファイトではなかった。

最終回、リネケルが左ローを続ける。フォントは引き続きケージ中央で戦おうとすると、リネケルが右ボディ。こうなるとケージを背負いがちになるフォントは、ワンツーから前に出るもボディの連打でケージに詰められる。リネケルが右フックを伸ばす。崩れるようにガードを取ったフォントにパウンドを落とす。リネケルは、しっかりと背中をつかせてヒザを肩口に蹴り込んでいく。

足をきかせて立ち上がったフォントだが、右ローをキャッチされると同時に右ストレートを打たれて後方に倒れる。ガードを取るフォントにパンチを入れ、パスを決めたリネケルがしっかりとスコアリング。残り45秒を切ってフォントが立ち上がるが、観客を煽るリネケルのラッシュに引き込んでしまう。フォントはギロチン、そしてパウンドを防ぐのが精いっぱいという終盤となり、リネケルが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie