この星の格闘技を追いかける

【UFN87】憂流迦、RNCで復活V。「震災で大変な人に映像を通して元気を送られたら……」

<フライ級/5分3R>
佐々木憂流迦(日本)
Def.2R3分30秒by RNC
ウィリー・ゲイツ(米国)

左ミドルハイから組みに行った憂流迦、ローシングルで組み付きケージにゲイツを押し込むと後方にテイクダウン。左足を掴んで立たせない憂流迦は果敢にパスを狙っていく。足を戻し立ち上がろうとしたゲイツだが、憂流迦は立ち上がり際にバックへ。ワンフックで背中に乗った憂流迦は自ら着地し、バックコントロールを続ける。左足をフックしてヒザ裏まで足を延ばし、両足フックへ。ここも自ら下りた憂流迦は、右足を深く差し入れて2度目のテイクダウンに成功する。

ゲイツはここも立ち上がり、逆に憂流迦をケージに押し込む。ゲイツのボディロックにローシングルに出た憂流迦。これをスプロールしたゲイツがアッパーを打ち込む。憂流迦は直後にシングルレッグに出るもこれも切られヒザ蹴りを顔面に被弾する。背中を向けて距離を取り直した憂流迦は逆にテンカオ。パンチからの組みは切られ、ゲイツの右が伸びてくる。ここで初回が終了、テイクダウンを取った憂流迦だがパンチが大振りなのが気になる。

2R、憂流迦は左ミドルからテイクダウンへ。パンチを受けそうになりながらハイクロッチで尻餅をつかせる。首を抱えるゲイツだが、窮屈な姿勢でこれは極められない。背中を譲りつつ、胸を合わせて立ち上がったゲイツに憂流迦は執拗に組み付き、シングルからダブルに移行してスラム気味にテイクダウンを奪う。この後、バックマウントを取った憂流迦はパンチ&エルボー、左パンチを連続で入れてRNCへ移行する。最初のクラッチを切ったゲイツに対し、憂流迦は腕を変えてRNCのプレッシャーを強める。やがてRNCに捉えるとゲイツがタップ、憂流迦が1年9カ月振りの勝利をフライ級で飾った。

「2回負けて勝てない時期があって、凄くつらい時期があったけどファンの応援があって、またこの場に立つことが出来ました。日本は今、震災で大変な状況の人がいるので、ファイトパスの映像を通して元気を送られたらと思っていました」と憂流迦は語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie