この星の格闘技を追いかける

【Pancrase277】初回の猛攻をヒザで逆転、新村がALIVE勢(=ボブ)にリベンジ

<ミドル級/5分3R>
新村優貴(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ボブ・アームストロング(米国)

左ジャブを伸ばす新村に組み付いたボブが後方に崩す。ボブは亀の新村に攻防からパンチを連打する。背中を預けて立ち上がった新村が胸を合わせていく。このままブレイクが掛かり、両者が分かれると新村は飛び込んで右を狙う。右の相打ちのような形から新村を押し込むボブだが、離れると逆に気0-時に押し込まれる。新村はヒザをボディに入れ、小外掛けてテイクダウン。ハーフから細かいパンチを入れる。

ボブの立ち上がり際に後方からパンチを入れた新村は、ボブの迫力の右フックにも下がらず前に出て左右のフックを当てて組みに行く。テイクダウン狙いは崩れ、サイドを許した新村はジャッジ1人の支持を得たが、2人の支持は失った。

2R、ボブのアッパーにもひるまず前に出た新村がケージに詰めて、ヒザをボディに入れる。腹が効いたボブはガードが下がり、右を顔面に打ち込まれる。ボブは懸命に組みに行ったがヒザとパンチを受け、背中を見せて離れる。追いかけて組んだ新村も動きが落ちたが、ヒザを入れる。ブレイクが掛かり残り1分、両者とも疲れて動きが落ちタイムアップに。このラウンドは3者とも新村のラウンドとした。

最終回、ガードが下がり粗いパンチになったボブに対し、新村も手がなかなか出ない。組んで新村が膝を入れると、ボブはここも走って距離を取る。そこを追いかけることができなくなった新村、体力を消耗しきった両者はケージ際に動きが止まる。ブレイク後、ボブの左右のフックで新村が下がる。それでも組んでヒザを入れ、バックへ。正面を向いたボブのアッパーは空振りに。新村はシングルからバックに回るが、パンチも力がない。フラフラになった両者、タイムアップとなり新村が3‐0の判定勝ちとなった。

加藤久輝にHEATで敗れている新村は――ALIVEファイターへの勝利に安堵し、ミドル級王座獲りを宣言した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie