この星の格闘技を追いかける

【Pancrase277】徳留と対戦、アクバル・アレオラ 「UFC復帰? この試合に勝つことしか考えていない」

Akbarh Arreola【写真】1983年1月生まれ33歳、ラテンチックな男前のアレオラはキャリア23勝10敗というファイターだ(C)MMAPLANET

21日(木)、東京都渋谷区の和術慧舟會HEARTSで24日(日)にディファ有明で開催されるPancrase277に出場する海外勢=ビクター・ヘンリーとアクバル・アレオラの公開計量が行われた。

UFCベテランのアレオラはその独特の構えから力強いパンチをトレーナーに打ち付けていた。その後の囲み取材ではルチャリブレ、日本のプロレスが好きで、パンクラスもチェックしてきた。そしてホイス×桜庭を見てMMAを始めたというエピソードを披露したアレオラ。

初の日本、パンクラスでKOPライト級チャンピオンの徳留一樹戦に向け、タイトルもUFC復帰も頭になくこの一戦に集中していることを明かした。

──初めての来日だと思いますが、コンディションなどは維持できていますか。

「とても良いよ。気分も良いし、体重ももうマイナスになっているぐらいだよ」

──パンクラスの印象を教えてください。

「若い頃からパンクラスのビデオを見てきたんだ。スズキ、フナキ、フランク・シャムロックが戦っていたパンクラスからオファーを受けた時、信じられなかった。僕はノブヒコ・タカダやカズシ・サクラバのプロレスリングもたくさん見てきた。タムラもいたね。ずっと見ていたよ」

──メキシコにはルチャリブレがありますが……。

「大好きだったよ。メヒコでルチャリブレを見ていて、プロレスリングは日本のプロレスが好きだったんだ」

──ルチャリブレでは誰のファンでしたか。

「飛びまくる、アトランティスだよ。とても僕に真似はできないけどね(笑)」

──そんなアレオラ選手がMMAを志したのはなぜだったのですか。

そのサウスポーの構えも独特なモノがある(C)MMAPLANET

そのサウスポーの構えも独特なモノがある(C)MMAPLANET

「カラテをやっていた時に僕のマスターが、ホイス・グレイシーが優勝した第1回大会のUFCを見せてくれたんだ。そして17歳か18歳の時にホイスとサクラバのPRIDEでの試合を見た。45分(※実際は90分)の凄い試合だった。そして、MMAに興味を持ったんだ」

──かなりアップライトのスタンスですが、それはカラテをやっていた影響なのですか。

「多分そうだと思う。5歳から18歳までケンポーカラテをやっていて、18歳からMMAを始めたんだ」

──昨年11月、アンドレ・マシューズに当てた左ハイキックも独特なタイミングでした。

「アレはカラテキックだよ。僕は柔道も好きだし、この2つが生まれた国で戦えることはとても素晴らしいよ」

──UFCをリリースされた者同士と対戦、今後のキャリアを考えると、ものすごく重要な試合となります。

「本当に大切な試合だ。日本に呼ばれたことは光栄だし、感謝しているよ。トクドメはとてもタフで、アグレッシブなファイターだから尊敬している。ノーマン・パークとの試合とパンクラスで戦った映像も動画でチェックしたけど、ハートのある戦いをするね」

──どのような試合をしたいですか。

「どの局面でも良い試合になるだろうけど、とにかく僕が勝つよ。作戦はない。注意深く、ミスの無いように戦うことに心掛ける」

──チャンピオンとノンタイトルで戦います。ベルトを賭けて戦いたいですか。

「タイトルだろうが、ノンタイトルだろうがこの試合に勝つことしか考えていない。UFCをリリースされてから練習してきたことを、この試合で見せる。この試合に勝つために必要な練習だったから」

──徳留選手はUFCへ戻りたいと明言していますが、アレオラ選手も同じ気持ちですか。

「今はこの試合以外のことは一切考えていない」

■ Pancrase277対戦カード

<ネオブラッドTウェルター級/3分3R>
五十嵐涼亮(日本)
阿部大治(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
三苫亮人(日本)
小林裕(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
ベン・ブッカン(英国)
山本雄希(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
木村一成(日本)
藤崎航太(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
平山学(日本)
鈴木琢仁(日本)

<バンタム級/3分3R>
上久保周哉(日本)
平岡将英(日本)

<バンタム級/3分3R>
前野辰一(日本)
高橋誠(日本)

<フェザー級暫定K.O.P.T./5分5R>
田村一聖(日本)
牛久絢太郎(日本)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
アクバル・アレオラ(メキシコ)

<フェザー級/5分3R>
矢地祐介(日本)
クレベル・コイケ(日本)

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
石川英司(日本)

<バンタム級/5分3R>
ビクター・ヘンリー(米国)
アラン・ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)

<ストロー級/3分3R>
朱里(日本)
浅倉カンナ(日本)

<ミドル級/5分3R>
ボブ・アームストロング(米国)
新村優貴(日本)

<フライ級/5分3R>
仙三(日本)
マモル(日本)

<フライ級/5分3R>
荻窪祐輔(日本)
山本篤(日本)

<ライト級/3分3R>
山﨑悠輝(日本)
KAZZ(日本)

<フェザー級/3分3R>
稲葉聡(日本)
中原由貴(日本)

<バンタム級/3分3R>
ハルク大城(日本)
蓮實光(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie