この星の格闘技を追いかける

【Copa Podio10】新鋭ダニスを相手にロが2-0で手堅く勝利、ファイナルへ

<ライト級GP準決勝/6分1R>
レアンドロ・ロ(ブラジル)
Def.2-0
ディロン・ダニス(米国)

まずは引き込んだロに対し、ダニスがパスを仕掛けていく。スパイダーで防ぐロは大きく息をついて、左足を骨盤に、右足をヒジの裏に固定し揺さぶる。そのまま左足をすくって起きあがりスイープを完成させたロは、パス狙いからバックへ。ダニスは前方に振り落す。マット中央で再開となるとダニスはダブルレッグをスプロールされ、ジャンピンガードへ。これもすかされるが、ロのトップからリスタートに。

パスガード狙いをスプロールに持ち込んだダニスは、残り時間が1分となりガードを取ったロを攻めあぐねる。最後の30秒でクローズドガードを選択したロが、ダニスの動きを封じこみ手堅く決勝戦進出を決めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie