この星の格闘技を追いかける

【UFC160】積極性&勢いのベルムデス、スプリット判定をモノに

<フェザー級/5分3R>
デニス・ベルムデス(米国)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
マックス・ホロウェイ(米国)

頭を上下させ、左を見せながら前に出てくるベルムデス。ホロウェイは左へ回りながら、カウンターを狙う。ホロウェイの前蹴りをキャッチしたベルムデスだが、ここはテイクダウンできず距離を取り直す。右をヒットさせたホロウェイは、左を伸ばしながらベルムデスの前進を止めに掛かる。

互いにフェイントを多用しながら、自らの間合いで探る展開のなか、ベルムデスのペースが上がって来る。残り2分、ベルムデスはシングルレッグからケージにホロウェイを押し込むも、ホロウェイが距離を取り直す。続く局面で、スピニングバックキックを受けたベルムデスの動きが止る。距離を詰めてヒザをボディに蹴り上げたホロウェイ。ベルムデスは組みついてダメージの回復を図った。

残り40秒、動きが戻ったように見えたベルムデスだが、再び後ろ回し蹴りをボディに受ける。さらに中段後ろ回し蹴りから、上段後ろ回し蹴りを受けたベルムデスが、姿勢を崩したところで初回が終了した。

2R開始早々、ベルムデスのテイクダウン狙いを潰したホロウェイがバックに回り込む。ベルムデスが立ち上ったところで、自ら着地してハイキックを蹴り込む。右ストレートから左ハイを見せたベルムデス、後ろ回し蹴りをバックステップでかわし、右を伸ばす。ホロウェイは左ハイを見せるが、ベルムデスは左ダブルから前にでる。

ホロウェイは再び後ろ回し蹴りをミスするが、右を打ち込みベルムデスの動きがまた一瞬止まる。ベルムデスのローでバランスを崩したホロウェイだったが、ショートワンツーを打ち込みテイクダウン狙いをカットした。鼻血を流すベルムデスは引き続き、威力のあるローを蹴り込むも、ホロウェイも左ジャブを伸ばし、左ハイや後ろ回し蹴りでペースを譲らない。派手なハイキックの応酬のあと、残り20秒でベルムデスがシングルからリフトアップして、テイクダウンに成功する。

ホロウェイの三角絞め、腕十字を防いだベルムデスはパウンドを落して2Rをまとめた。左ボディからミドル、ハイキックと手数を弛めないホロウェイだが、その蹴り足を掴まれ早々にテイクダウンを許してしまう。ギロチンを防ぎながら立ち上がったホロウェイは、ボディに連打を見せる。

前に出るのはベルムデス、この場合判定で有利な材料となるに違いない。明確なダメージが必要になりつつあるホロウェイだが、残り3分で再びシングルから尻餅をつかされてしまう。すぐに立ち上がっても、ケージに詰められたホロウェイは再び距離を取るが、勢いはベルムデスにある。ホロウェイもテイクダウンを狙うが、これは失敗。エルボーから首相撲の状態になったホロウェイだが、ベルムデスがテイクダウンからエルボーを連打する。

残り1分、ハーフからエルボーを落すベルムデスに対しホロウェイは、ディフェンス一辺倒に追い込まれる。そのままトップをキープしたベルムデスが、試合終了のホーンとともに大きく両手を上げ、遅れて立ち上がったホロウェイも彼に従った。1Rはホロウェイ、3Rはベルムデス――2Rがどのように判断されるか、ジャッジの意見は分かれ2-1でベルムデスがUFC3勝1敗対決を制した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie