この星の格闘技を追いかける

【WSOF24】ニューウェル、ガス欠も逃げ切り判定勝ち。マルセリーニョはなぜか納得せず

<ライト級/5分3R>
ニック・ニューウェル(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
トム・マルセリーニョ(米国)

隻腕ファイターのニューウェルが左ハイから右ローを見せて、左へ回る。マルセリーニョも左ローを蹴り込むが、そこに右フックを合わされる。右フックの連打から組み付いたニューウェルはマルセリーニョのエルボーにもシングルレッグでテイクダウンに成功する。ケージを背にしたマルセリーニョはギロチンへ。自らの得意技を仕掛けられたニューウェルは右サイドを取って余裕のディフェンス。スクランブルから逆にギロチンを仕掛ける。そのままマウントを取り、ケージウォークのマルセリーニョに腕十字。マルセリーニョがシザースから腕を抜いて立ち上がると、ニューウェルは再びシングルでケージに押し込む。ここで初回が終わった。

2R、ローから右フックを振るうニューウェルのテイクダウン狙いにマルセリーニョがギロチンも──サイドを取られるという初回と同じ展開に。もう一度ギロチンをセットアップするマルセリーニョだが、スクランブルのなかでバックを許し寝技に持ち込まれる。トップに移行したニューウェルのケージ際でのコントロールが続き、レフェリーがブレイク。直後にタイムアップとなったが、ラウンド終了後にマルセリーニョが攻撃を仕掛けてしまった。

最終回、ダブルレッグをスプロールされたニューウェルだが、接近戦では隻腕を利したパンチを見せる。続くテイクダウン狙いも切ったマルセリーニョがバックコントロールを取り、この試合で初めて優勢なポジションに。正面に回りつつヒザを突き上げたマルセリーニョに対し、ニューウェルはシングルレッグから左足を跨いで尻餅を着かせる。頭部にパンチを受け、背中にエルボーを入れられながら抑えにかかるニューウェル。マルセリーニョはここでもギロチンへ。クローズドからのチョークはこれまでの仕掛けよりタイトに見えたが、ニューウェルは親指を立てて大丈夫だとアピールし頭を引き抜く。ブレイク後、テイクダウンを奪ったのはマルセリーニョ。ニューウェルは完全にガス欠状態に陥っている。

鉄槌からパウンドを落とすマルセリーニョに蹴り上げを見せたニューウェル、ここで離れたマルセリーニョはタイムアップと同時に両手を広げて勝利をアピール。どう考えても初回と2Rを失ったようにしか見えなかったマルセリーニョは、案の定ジャッジ3者が28-29のスコアは判定負けとなり不満げな表情を浮かべた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie