この星の格闘技を追いかける

【Pancrase270】ケージに押し込み続け、尻餅奪取で石川が判定勝ち

<ライト級/5分3R>
石川英司(日本)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
ドミニク・ロビンソン(米国)

試合開始直後にケージにロビンソンを押し込んだ石川。態勢を変えつつ、ロビンソンはヒザ、ボディショットとパワーのあるところをみせつける。シングルに移行した石川だがテイクダウンには至らない。残り2分となりブレイクがかかると、ロビンソンは右ロー。石川はすぐに距離を潰してケージにロビンソンを運ぶ。ここも両者が体を入れ返る攻防のなかで、石川が姿勢を低く取るとロビソンがヒザを突き上げる。さらにエルボーを入れたロビンソン、組みの中の打撃ではロビソンの方が手数は多かったが、2名が石川のリードとした。

2R、ロビンソンのワンツーに対し、石川はローキック。前に出るところでロビンソンの右がヒット、石川はシングルレッグでケージへ。初回同様、ケージ際の組み合いが続く。押し込む石川、ロビンソンの体が浮くシーンもあったがテイクダウンを奪いきれない。左フックを入れるロビンソン、二転三転とポジションが入れかわり残り1分に。残り20秒、石川はダブルレッグで尻餅を着かせることに成功した。このラウンドもジャッジ2人が石川のラウンドとした。

最終回、パンチからすぐに組んだ石川だが、ロビンソンが逆にケージに押し込む。石川が体を入れ替えるも、観客席からは『アクション』という声が飛ぶ。その直後に尻餅を着かせた石川が、起き上がろうとするロビンソンのバックへ。胸を合わせた石川はシングルレッグに移行する。残り1分、ロビンソンがクラッチを切るも、もう一度右足を取った石川が押し込み続けタイムアップに。結果、票は割れたが石川が判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie