この星の格闘技を追いかける

【VTJ07】最終回のテイクダウン狙いが明暗分けた?? 菅原が清水をスプリットで下す

<フライ級/5分3R>
菅原雅顕(日本)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
清水清隆(日本)

サウスポーの清水が左ハイを見せて試合がスタート。すぐにテイクダウンを決めた清水だが寝技にこだわらずスタンドへ。菅原も右を放ち前へ。清水はそこで左フックをヒットさせる。右ローから右を伸ばす菅原はローを受けて右を放つ、とそこに清水はテイクダウン狙い。続いてローを入れるなど、菅原に的を絞らせないファイトを見せる。と、まさにドライブという感じでダブルレッグを決めた清水は、ここでもスタンドへ。菅原はワンツーから右ロー、清水が右ストレートを返す。清水の右ローに菅原が右を放つも、やや力が入っているか。それで菅原は清水をケージに下がらせ右フック。清水はシングルでテイクダウン、ここもグラウンドにいかず攻勢のまま初回を戦い終えた。

2R、左に回る清水は菅原の右に左を被せようとする。さらに右を打ち込んだ清水。ペース、そしてタイミングを掴めないように見えた菅原が右から左をヒットさせ、ダウンを奪う。パウンドの追撃を入れる菅原の足を取りに行った清水が立ち上がる。清水はここで右ヒジを繰り出すが、菅原の右を2発受けて動きが落ちる。清水のテイクダウン狙いを潰してバックを取る菅原だが、ここは取り切れずスタンドへ戻る。と清水の右が菅原の顔面を打ち抜く。動きが一瞬止まった菅原だが左フック。さらにカウンターで左フックを入れる。右の打ち合いからダブルレッグの清水、菅原は倒れずラウンドを取り返した。

最終回、清水のダブルレッグに菅原は尻餅からすぐに立ち上がる。清水は続いてシングルレッグ、ケージに菅原を押し込むとダブルレッグも、レフェリーがブレイクを命じる。シングルをスプロールされた清水はワキを潜ってバックへ。胸を合わせようとした菅原は引き込むようにガードへ。腰の後ろでクラッチを組む清水にレフェリーがブレイクを命じる。即シングルに出た清水、これを切った菅原がパウンドを入れる。右足を取ったまま殴られる清水が、菅原を押しこむ。続くスイッチは読まれて、菅原が離れる。スタンドに戻ると、またもテイクダウン狙いの清水は切られても、テイクダウン狙いを続ける。

組みだけで試合を組み立てるようになった清水。結局、菅原の打撃は被弾しなかったが最後までテイクダウンを奪えなかった。清水のテイクダウン狙いを打撃の逃げと取るか、あるいは積極的な組みと取るか。果たして――ジャッジの裁定は2-1で菅原に凱歌が挙がった。「疲れました。本当に自分は多くの人のおかげでリングに立てています。皆さんのおかげです。ありがとうございました」とその人となりが伝わってくるようなマイクアピールを勝者は行った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie