この星の格闘技を追いかける

【UFN73】ダリューシュがスプリットで判定勝ち。理解不能な裁定でジョンソン敗れる

<ライト級/5分3R>
ベニール・ダリューシュ(米国/12位)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
マイケル・ジョンソン(米国/5位)

サウスポー同士の対戦、まずはダリューシュが左ローを入れる。テイクダウン狙いの動きを見せたダリューシュに対し、ワンツーを伸ばすジョンソン。距離が詰まるとダリューシュがワンツーを見せる。追いかけるようなダリューシュのワンツーをステップバックでかわしたジョンソンは常に左の拳を正中線に置き、まずはジャブや右ボディストレートを見せる。ジョンソンの左は距離が合わず、ダリューシュが飛びヒザにトライもヒットはしない。ワンツーで前に出るジョンソン、ダリューシュのテイクダウン狙いを切り、続く局面に左ストレートでダウンを奪う。すぐに立ち上がったダリューシュにワンツーでラッシュを掛け、一旦距離を置きカウンターを狙っていく。最後に組みついたジョンソンが初回を取った。

2R、プレッシャーを強めるジョンソンに対しダリューシュが飛びヒザ。続いてテイクダウン狙いから右ハイも、ジョンソンのプレッシャーを打ち破るには至らない。続くヒザ蹴りに左ストレートを合わせたジョンソン、ダリューシュは左ミドルを蹴るが左ストレートを被弾してしまう。力なく組みに行ったが、これを簡単に切ったジョンソンが右ジャブ、右フックから左を狙う。残り2分、ダリューシュも左から右を伸ばすも、ジョンソンは怯まず右フックを返していく。ダリューシュは左ストレートから左オーバーハンド、さらにアッパーをタイミングよく放っていく。しかし、続くテイクダウン狙いの失敗で好印象を与えることができない。ジョンソンは左ストレートから右ボディフック、さらに左を伸ばし、ダリューシュのダブルレッグを切る。この回もジョンソンのラウンドとなった。

最終回、ダリューシュのヒザに右フックを返したジョンソンは、完全に距離を支配。右フックから左ストレートを受けたダリューシュは、またも右を打ち込まれる。一度として決まらないダリューシュのテイクダウン。それでも左アッパーがジョンソンの顔面を掠めたものの、次にはつながらない。突破口を切り開くことができないダリューシュに対し、安全な距離を保つジョンソン。ヒザを受けそうになるが、左フックを打ち込む。右ハイから左、そして右ストレートでダリューシュを後退させる。

最後まで間合いをコントロールし続けたジョンソン、ダリューシュは逆転の掛かった最終回で前に出ることができずにタイムアップに。当然、ジョンソンの判定勝ちと思われたが、なんとジャッジの裁定はスプリットでダリューシュに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie