この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】徳留、マルセーロに判定勝ちでデビューWin

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
クリスチアーノ・マルセーロ(ブラジル)

サウスポーの徳留に、マルセーロが右ハイもしっかりとブロックする。ローを一発ずつ蹴り合うと、徳留はマルセーロの前進にヒザを合せる、右を受けて動きが止った徳留は、一旦距離を取ると再び右ストレートを被弾する。マルセーロの荒い右フックを受けがちな徳留は、ヒザを見せるが右が顔面をかすめる。左ハイで自らバランスを崩したマルセーロが、ガードを取ると徳留はパウンドを落していく。

ガードからエルボーを見せるマルセーロの腕十字を防いだ徳留が、パウンドを落す。鼻血を流すマルセーロはクローズドガードを取るが、徳留は鉄槌からハーフへ。潜ってバックを狙うマルセーロの動きにも反応した徳留は、左のパウンド&鉄槌を落しながら初回を戦い終えた。

2R、組みついてきたマルセーロから逆にテイクダウンを奪った徳留は、トップキープも動きは決して多くない。場内ではブラジル・コールが巻き起こる。マルセーロのスイープ狙いも対処した徳留が左のパウンドを落す。徳留が足を一本引抜くが、マルセーロがフルガードに戻す。残り1分40秒でレフェリーがブレイクを要請し、試合はスタンドに戻る。

徳留のボディを受けたマルセーロが、両手を振り回しながら突進し、そのままテイクダウンへ。ケージを背にした徳留は距離を取りなおすと左を伸ばす。前蹴りで距離を計るマルセーロは、ワンツーを受けて距離を取ると、大振りの右が空を切ったところで2Rが終了した。最終回、マルセーロのパンチを受けた徳留だが、右フックでダウンを奪うとパウンドでラッシュを掛ける。

息を整えた徳留は、インサイドガードから鉄槌を連続で落す。立ち上がって左のパウンドを狙った徳留。スクランブルの攻防から立ち上がったマルセーロは、左を振るうもガードが甘い。残り90秒、マルセーロを追いかけてヒザを見せた徳留がバックを許す。徳留はクラッチを剥がして、胸を合せると、しっかりとテイクダウンを決める。足を払ってパウンドを狙う徳留、マルセーロのリバーサル狙いを潰し、蹴り上げに負けず拳を落しながら、タイムアップに。徳留がフルマークの判定勝ちで、UFCデビュー戦で勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie