この星の格闘技を追いかける

【UFC157】ベルムデスが、二転三転した激闘をスプリットを拾う

2013.02.24

<フェザー級/5分3R>
デニス・ベルムデス(米国)
Def.2-1:28-29, 29-28, 29-28
マット・グライス(米国)

ベルムデスは左ミドルから、グライスが前に出てくると組みついていく。体を入れ替えたグライスがアウトサイドトリップでテイクダウンを狙うと、これをすかしたベルムデスがマウントを奪取。右のパンチを連打すると、起き上がったグライスにギロチンを仕掛ける。これを持ち上げてスラムしようとしたグライスは、ドライブから首を引抜く。

距離を取りなおした両者、グライスの左フックでベルムデスの動きが一瞬止まる。ベルムデスのダブルをがぶったグライスはエルボーから左ヒジを打ち込む。ベルムデスは右ストレートをヒットさせると、一気呵成に前進。シングルレッグの態勢に入ったがグライスのエルボーで後退。続く右に左を合わされダウンを喫したベルムデスは、蹴り足を掴まれ再びパンチを受ける。

懸命に組みついてドライブするも、ヒザを突き上げられたベルムデスは、ダメージが抜けきれない様子のなか距離を取り直す。左右のフックで前に出たグライスが、終盤を完全に自分のモノとした。2R、アウトサイドに踏み出して左フックを狙うグライスに対し、ベルムデスは目標を失ったかのように前方にバランスを崩す。

それでも左を受けながら組みついたベルムデスだが、グライスは距離を取りなおすと右から左を思い切り振るう。これは空振りに終わったが、続く左を受けてベルムデスがまたもバランスを崩す。テイクダウン狙いをがぶり、突き放したグライスはパンチを被弾しシングルレッグへ。ダブルに切り替え、尻餅をつかせたグライスがバックへ。

後方からヒザを入れられながらも、胸を合せたベルムデス。距離を取りなおすと、グライスが右ローから左フックを放つ。ベルムデスも前蹴りからパンチ、シングルで組みつくがテイクダウンに至らない。逆にシングルからボディロックに移行したグライスが、ケージにグライスを押し込む。ベルムデスも体を入れ変え、ベルムデスのシングルを切ってギロチンを合せるが、形勢逆転とはならなかった。

左ボディフックから右を打ち込んだベルムデス、ケージ際で左をヒットするとグライスがダウン。一気呵成にパウンドに出るベルムデスは、右をオーバーフックで固め、左のパンチを顔面に連打する。額を首筋にあてがい、パンチを続けたベルムデスは、グライスが立ち上がってもアッパー、フック、ヒザ、右ハイと攻め続ける。グライスは頭が上げられないまま左フックを出すが、空を切りパンチを受け続ける。と、攻め疲れが手が止ったベルムデスにグライスが組みついていく。体を入れ替えたベルムデスが、グライスはヒザ蹴りを見せる。ベルムデスも再び拳に勢いがつき始め、右ストレートを4連打。ヒザから右を2発ヒットさせたベルムデス、ここで組みつき息を整えると、再びパンチで攻め込む。

足下がおぼつかないグライスだが、押し込まれてなお離れ際に左ストレートをヒット。残り30秒、スーパーマンパンチを打ち込んだベルムデスだが、押し返したグライスがパンチで前に。ベルムデスもパンチから前蹴りと、足を止めた打ち合いのなか試合はタイムアップに。結果、1Rのパウンド攻勢が効いたのか、ベルムデスがスプリットの判定勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY