この星の格闘技を追いかける

【UFC187】パワー・レスリング、コビントンがパイルを倒し7連勝

<ウェルター級/5分3R>
コルビー・コビントン(米国)
Def.3-0:30-27,29-28m29-28
マイク・パイル(米国)

サウスポーのコビントンが左ストレートから組み付く。ケージ際の攻防で、パイルはヒザを急所に受け試合は中断。再開後、コビントンが左ハイを見せ、左ストレートを伸ばす。下がりながら右フックを入れたパイルだが、ケージに押し込まれる。離れたコビントンは左フックから再び組みに。パイルはキムラから後方回転。起き上がったところでコビントンがバックを取り、パイルが胸を合わせるとダブルレッグを決める。ガードのなかからエルボーを入れるコビントンは、三角絞めを察知して一旦離れる。即ガードに頭を沈め、細かいパンチを入れるコビントンに対しパイルは背中を付けたままで初回を戦い終えることとなった。

2R、開始直後に右フックから組んでテイクダウンを奪ったコビントン。パイルはすぐに立ち上がる。ケージに押し込まれたパイルが、ノーアームイン・ギロチンを仕掛けるとコビントンは離れて距離を取り直す。体を伸ばすようなワンツーを打ち込んだコビントンは、パイルのヒザを受けながらも組んでいく。ここでもキムラロックを見せたパイルだが、テイクダウンを奪われ厳しい展開が続く。パイルの腕十字を下がって逃げたコビントンは、エルボーをガードの中から入れる。残り30秒になりブレイクが掛かり、試合はスタンドに。コビントンのパンチを受けながらヒザを入れるパイルだが、このラウンドも失った。

最終回、パイルは右ロー、飛びヒザを狙うもコビントンはここに組み付く。ギロチンをヘッドロックかから抜けるように外したコビントンがトップに。下で細かいパンチを被弾し続けるパイルは、腰を切ると担ぎパスのプレッシャーを受ける。ガードに戻すのが精いっぱいで、立ち上がることができないパイルは、判定負けを意味する時間切れが近づいて来る。残り2分を切ってキムラロックの態勢に入ったパイルが、そのままリバーサルに成功してマウントを奪取する。

コビントンはここでブリッジから背中を向けてしまう。体力に任せたエスケープを図ったコビントンは、ワキの下をフックされた形からRNCで絞めあげられたが、体を捩じって体を引き抜きエスケープ&トップ奪取へ。タイムアップをガードで迎えたパイルは、直後に大きくマットを叩き口惜しさを露わにした。テイクダウン+トップコントロールで15分間を戦い抜いたコビントンが、ベテランのパイルを破り戦績を7勝0敗に伸ばした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie