この星の格闘技を追いかける

【Bellator137】ドゥドゥ・ダンタス、体重超過のリッチマンに辛勝

<キャッチウェイト/5分3R>
ドゥドゥ・ダンタス(ブラジル)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
マイク・リッチマン(米国)

4.2ポンド・オーバーとリッチマンが計量失敗でキャッチウェイト戦となった一戦。ダンタスは試合開始直後に右ミドルから組み付いてテイクダウンを奪う。ケージを背にして立ち上がったリッチマンが体を入れ替えるが、すぐにダンタスが押し返しヒザ蹴りを突き上げる。右エルボーからダブルレッグで再びテイクダウンを奪ったダンタスが、リッチマンに背中をつかせる。バタフライガードのリッチマンがダンタスのパウンドに合わせて立ち上がる。ダンタスは右ミドルからシングルレッグ、もう一方の足を払って3度目のテイクダウンに成功する。

残り2分、ダンタスはバックを窺うがリッチマンは胸を合わせて立ち上がる。距離を取り直した両者、ダンタスは引き続き右ミドルを放つ。続くダブルレッグを切ったリッチマンは、シングもスプロールして左ストレートを打ち込む。ボディから左フックを決めたリッチマン、ここでタイムアップとなり初回はダンタスが制した。

2R、ダンタスのテイクダウン狙いをカットするリッチマンがプレッシャーを強める。テイクダウンが決まらなくなったダンタスは、ケージを背負う場面が目立ってくる。右ジャブから左ストレートを伸ばすリッチマン。ダンタスのシングルはケージ中央でも極まらない。それでも執拗にシングルで組み付くダンタスがリッチマンをケージに押し込む。一旦離れてシングルを狙ったダンタスだが、これも決まらない。口が半開きになったダンタスはフックの連打で前に出るもバランスを崩す。テイクダウンが決まらないダンタスにリッチマンがヒザ蹴りを入れる。残り20秒で右フックを被弾しバランスを崩したダンタスは、最後までテイクダウンが決まらずこのラウンドを失った。

最終回、右ローからプレッシャーを強めるリッチマン。ここに来てスピードも上がり、右アッパーを打ち込む。ダンタスはスピニングバックフィストからシングルレッグの奇襲に成功する。絶対に立たせたくないダンタスは、インサイドから抑えて鉄槌を落とす。上体を起こして右も入れるダンタスに対し、リッチマンは徐々にケージ際に移動していく。立ち上がり際にダブルに移行したダンタスだが、リッチマンはスタンドに戻り、続くシングルを切っていく。

左目尻をカットしたダンタス、残り90秒の時点でケージ際の攻防にブレイクが入る。ダンタスは右ストレートから組み付くがテイクダウンは奪えない。さらに蹴りも交えテイクダウンの機会を窺うダンタス。リッチマンもクリーンヒットがないなか、右アッパーから前へ。ダンタスは右フックを打ち込んでシングルレッグ。スプロールしたリッチマンは打撃の間合いに戻らず、ケージにダンタスを押し込んでタイムアップを迎えた。最終回、リッチマンの勢いを取るのか、ダンタスのテイクダウンを取るのか。ジャッジ3者とも29-28でダンタスの勝利を支持した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie