この星の格闘技を追いかける

【Bellator】ベン・サンダース、アジショーを振りきり準決勝へ

<ウェルター級T準々決勝/5分3R>
ベン・サンダース(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27,30-27
コッフィー・アジショー(米国)

サンダースの左ミドルに対し、アジショーがショートのパンチから組みついていく。体を入れ替えたサンダースは、再びケージに押し込まれるとテイクダウンを許し、パスを狙われる。リバースのトライアングルから、ラバーガード、右ワキをすくうと、アジショーの動きに合わせて三角絞めを仕掛けるサンダース。組んでいる足の下に腕も差しいれるガードワークは両者の動きを止め、レフェリーがブレイクを命じる。

スタンドに戻るとサンダースがすぐにテイクダウンを奪うも、そこから動きが少なくこのラウンド2度目のブレイクが命じられる。再開後、サンダースがヒザ蹴りを入れた直後に初回が終了した。

2R、開始直後に首相撲からヒザを突き上げたサンダース。引き込むように下になったアジショーに、強烈なパウンドを落していく。アジショーのクローズドガードに、細かいパウンドをサンダースが落すが、ブレイクが掛かる。スタンドでサンダースのハイをブロックし、ショートのフックで前に出てシングルレッグの態勢には入ったアジショー。キムラで耐えるサンダースはテイクダウンを許すと、三角からオモプラッタへ。自らの腕も差しいれたラバーを続けるサンダース、三角を狙うもアジショーがベースを作ると、またもレフェリーが分かれるように命じる。

スタンドではシングルを再びアジショーが見せ、サンダースがアームロックで耐える展開が続く。サンダースはスイッチからバックに回ると、胸を合せたアジショーが思い切りフックを狙うもクリーンヒットはない。

3R、右ジャブから左を伸ばし、一本ワキを取った状態でヒザを繰り出すサンダース。アジショーのバック狙いをスイッチで切り返す。引き込んだアジショーにサンダースが左のパンチ&鉄槌を落す。クローズドガードのアジショーに対し、細かいパンチを続けるサンダースが立ち上がって勢いのある鉄槌を落す。最後はマウントを奪取したサンダースが、残り10秒から腕十字を仕掛ける。最後まで耐えきったアジショーだが、判定で勝ち目はなくサンダースがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie