この星の格闘技を追いかける

【PXC47】蹴り技で優勢を印象づけたグァンホがスプリット判定でジョーンズを下す

Kwak vs Trevin Jones【写真】カン・ギョンホに激似のクァク・グァンホが際どい勝負を制した。ジョーンズはスタミナが切れたか……(C)MMAPLANET

<バンタム級/5分3R>
クァク・グァンホ(韓国)
Def.2-1
トレヴィン・ジョーンズ(グアム)

サウスポーのジョーンズが蹴りを見せつつ。、グァンホをケージに押し込んでテイクダウンを狙う。グァンホはケージを背にしてディフェンスし、試合がスタンドに戻るとバックスピンキックと飛びヒザ蹴り。テイクダウンを奪われたグァンホだったが、ジョーンズの顔を突き離して三角絞めを狙いながら立ち上がる。

ジョーンズもすぐに組みついてグァンホをテイクダウンし、しっかりとトップキープして顔面とボディにパンチを入れる。グァンホはケージを蹴りながらスイープを狙って立ち上がると、すぐさまヒザ蹴り。ジョーンズが組みついてケージに押し込んだところでラウンド終了となった。

2R、グァンホが右ミドル。ジョーンズも左の飛びヒザ蹴りから組みついて、ケージに押し込む。距離をと取ったグァンホはジョーンズの前足に左右のロー。バックスピンキックを繰り出し、ジョーンズの前足に照準を定めてローをバシバシと蹴り込んでいく。強引に組みつくジョーンズだったが、グァンホは簡単に距離を取って強烈なローを連打。

ケージに詰められて足払いでテイクダウンされたグァンホだが、すぐに立ち上がってジョーンズにトップキープを許さない。しっかり距離を取りながらジョーンズの前足にローを蹴るグァンホ。ケージを背負ったジョーンズのダブルレッグを切る形で2Rを終えた。

3R、細かくフェイントを入れてインローを蹴るグァンホ。ジョーンズのタックルをケージ際でディフェンスし、コツコツとパンチとヒジを入れる。距離が離れるとグァンホはバックスピンキックを放つが不発。ジョーンズがダブルレッグで組みつき、グァンホがケージに体を預けてディフェンスする展開が続く。結局、ここから展開が変わることなく試合終了。両者とも手を挙げて勝利をアピールしたが、スプリット判定でグァンホが勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie