この星の格闘技を追いかける

【KSW30】ベラトールvt=カバレイロをマウントパンチでKO、ガムロは9連勝達成

<ライト級/5分3R>
マテウス・ガムロ(ポーランド)
Def.3R4分54秒 by TKO
ホドリゴ・カバレイロ(ブラジル)

ベラトール出場時にマーチン・ヘルドに敗れているカバレイロが、ポーランドに落とし前をつけに(?)にやってきた。対戦相手のガムロはMMAデビュー以来8連勝中のファイターだ。左右にステップを踏むカバレイロ、ガムロは右ローを見せる。サウスポーのカバレイロが回りながら右前蹴り、ガムロも前蹴りを見せ、蹴り足を掴んでからダブルレッグへ。これを切ったカバレイロが笑顔を見せる。オーソに構えたカバレイロは右ハイ、ブロックしたガムロに右ローを入れる。カバレイロは小刻みに構えを変え、ガムロの右オーバーハンドをバックステップでかわす。

ガムロはダブルレッグでテイクダウンを奪うと、インサイドガードから勢いのパウンドを連打する。カバレイロは懸命に右腕をオーバーフックで抱えるが、これを引き抜いたガムロが右のパウンドを連打し初回を取った。

2R、手数が少なくなったカバレイロ、距離を詰めていくガムロもプレッシャーこそ与えているが、攻撃は余り仕掛けない。カバレイロが左アッパーから右フックを伸ばすが、クリーンヒットはしない。接近戦のなかで右ハイから組み付こうとするガムロ、下がったカバレイロは左フックを振るっていく。ガムロの右ローを受け、ややバランスを崩したカバレイロは残り20秒のテイクダウン狙いは切ったが、攻勢に転じることはできなかった。

最終回、右ローを走らせるガムロが、右フックをヒット。カバレイロも右フックから前蹴りを繰り出す。テイクダウンは決まらなかったガムロ、カバレイロの右ヒザを受けつつ再び組みつくが、これも決まらない。ケージを背にする場面が増えてきたガムロにカバレイロが右ストレート、右ハイから前に出る。ガムロは右ローこそ見せるが、手の圧力はほとんどなくなってきた。

対してカバレイロが蹴りを受けて、前に出ていく。と、ガムロはハイキックで蹴り足を着地したところでダブルレッグへ移行しバックに回り込む。キムラロックから引き込んだカバレイロ、クラッチを切ったガムロがマウントを奪取すると、そのまま左右のパウンドをノンストップで打ち下ろす。ただ、パンチを受けるだけになったカバレイロを見て、レフェリーが試合をストップした。ガムロはデビュー以来の連勝を9とした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday