この星の格闘技を追いかける

【DEEP DREAM】圧力+手数、そして精度で優った藤野が富松に判定勝利

Fujino vs Tomimatsu【写真】白熱の打ち合いが見られた一戦。藤野が打撃の完成度の高さで富松を上回った(C)GONGKAKUTOGI

<女子DEEPライト級(52キロ)/5分2R>
藤野恵実(日本)
Def.3-0
富松恵美(日本)

左ジャブから右を伸ばし、スッと距離を取る藤野。藤野も左ジャブをヒットさせる。富松の右を被弾したが、構わずショートの連打を放ち、回りながらも右を藤野が入れる。ケージに押し込み、離れ際にパンチを放つ藤野に対し、富松も距離を取り直し左ジャブを放つ。富松の右にワンツーを返す藤野、互いに頭を振らないためにパンチを被弾しながらのボクシング戦に。藤野はケージに押し込みつつ連打を見せ、押し込んだ状態から離れる。角度を変えようとする細かいステップも見せる富松が、ローを蹴り込む。その富松の右に右を合わせた藤野が前に出る。一進一退の攻防、圧力で藤野が取ったか。

2R、ワンツーで藤野が前に出るとパンチを出す富松。続いて右ストレートをヒットし、右ボディを伸ばす。右の相打ちの後で、富松の右ボディ、藤野の右ストレートが交錯する。藤野の左ジャブに回る富松だが、ケージに詰まりショートの連打を被弾。ボディが多い富松は、顔面は狙い過ぎの嫌いがある。細かいパンチで手数の多い藤野が優勢のまま、ラウンドも終盤に。打って離れるところを待ち受けられるようになった富松。接近戦の打ち合いで藤野が優位に立つ。残り10秒も打ち勝った藤野が判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN