この星の格闘技を追いかける

【UFN58】予想通りねちっこい展開で、ハクラン・ディアスがエルキンスから粘り勝ち

<フェザー級/5分3R>
ハクラン・ディアス(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ダレン・エルキンス(米国)

左フックを入れるディアス。右フックをかわしたエルキンスがシングルレッグからケージへ。予想通り、ケージ際のねちっこい展開になるなかで、エルキンスをいなしバランスを崩させたディアスがテイクダウンに成功する。三角を防いだディアスは足を捌いてパス狙い、ハーフからノヴァ・スペシャル=肩固めの機会を窺う。立ち上がったディアスは再びガードの中へ。エルキンスはケージを背にして立ち上がろうとし、ボディロックから体を入れ替えつつスタンドへ。一転、ケージを背にしたディアスはすぐに態勢を入れ替えると、ここから両者交互にテイクダウンを奪いエルキンスがバックへ。一度は背中に乗ったがキープできず、ラウンド終了を迎えた。

2R、ディアスはワンツーを入れて離れる。と、距離を詰めたエルキンスが左ハイを放ち組んでバックコントロールへ。胸を合わせたディアスは体を入れ替え距離を取り直す。ディアスはダブルレッグでテイクダウンに成功。エルキンスが打撃よりになったとはいえ、このように簡単にテイクダウを奪われることはあまり見られない。スクランブルの応酬もトップをキープしたディアスに対し、エルキンスはガス切れか。それでもケージを背にして立ち上がると、ここでもディアスをケージに押し込む。しかし、右ヒザを突き上げたところで、これをすくわれてまたもテイクダウンを取られる。残り10秒でマウントを取りかけたディアス、エルキンスが足を戻したところで2Rが終わった。

最終回、インターバル中に自ら「スタミナ切れ」をコーナーマンに伝えたエルキンス。懸命に左ハイからワンツーを見せ、右オーバーハンドを連打するが、逆に右フックを受ける。それでも蹴りからパンチと前に出るエルキンスはワンツーから左ハイ。ブロックしたディアスは余裕を持ってスタンドで戦い、右フックを入れる。下がらないエルキンスは、左フックを被弾するが、左ジャブから右を伸ばす。しかし、残り2分40秒でテイクダウンを仕掛けられると、スプロールする力は残っていない。

背中をつけ、マウントを許したエルキンスはヒップエスケープでマウントを逃れ立ち上がる。ディアスはケージに押し込み、ボディロックからまたもテイクダウンに成功。エルキンスは立ち上がってギロチンかへ。これを逃れたディアスだが、ディフェンスするために自ら背中をつけエルキンスがサイドを奪取。磔ポジションからマウントを取ったエルキンス、最後まで勝負を諦めなかったが、タイムアップとなりディアスが逃げ切り判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY