この星の格闘技を追いかける

【Bellator129】テイクダウンを切れずに不満タラタラ。見苦しい限りのニアー、ブラッドリーに完敗

<ウェルター級/5分3R>
ポール・ブラッドリー(米国)
Def.3-0 :30-27,30-27,30-27
ジョシュ・ニアー(米国)

試合はブラッドリーの左ローでスタート。大きな右を続けたブラッドリーがダブルレッグでテイクダウンを奪う。クローズドガードのニアーにブラッドリーがエルボーを入れ、すぐに流血に追い込む。三角を狙うニアーを担いだブラッドリーがハーフから固めてトップをキープ、初回をモノにした。

2R開始早々に低い姿勢でニアーに組み付いたブラッドリーは、ヒザをつきながらケージまで押し込んでテイクダウンに成功する。ケージを背にしたニアーは、両手を広げて「どうしようもない」とアピール。自分の動きが封じ込まれ、このような手段に訴えるのはどうしたものか。クローズドに戻すのみで、パンチを受け続けるニアーは足を一本抜かれる。起き上がることができないニアーに細かいパンチを落とし、ブラットリーは2Rも制した。

3R、ようやくスタンドで戦う時間を1分ほど持てたニアーだったが、1分を経過したところで、またもダブルレッグで背中をマットにつけてしまう。手首を掴んでボトムからエルボーを放つも、逆転に結びつく反撃にはならない。ようやく立ち上がりかけたニアーに対し、背中を取ったブラッドリーがRNCを狙う。胸を合わせたニアーだが、ここもテイクダウンを奪われ万事休す。ブラッドリーに完全に封じ込まれたニアーは、タイムアップ後も握手を拒否。テイクダウンを切れずに、打撃戦を続けられないことに怒りを覚えるならボクシングやキックボクシングを戦えば良い。0‐3で判定負けを告げられた際も不満を口にし続け、即ケージを降りたニアー、見苦しい限りだった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie