この星の格闘技を追いかける

【UFN54】テレブにスプリット判定負けもリー・ジンリャン健闘。中国勢の成長、見せつける

<ウェルター級/5分3R>
ノーディン・テレブ(カナダ)
Def.2-1:30-27,29-28, 28-29
リー・ジンリャン(中国)

思い切り右を振り回すリー・ジンリャンに、テレブが右ハイキックを狙う。続いて右ローを入れたテレブに対し、リー・ジンリャンが右ストレートを当てる。リー・ジンリャンは左ジャブから右ロー、テレブが右ストレートを入れる。リー・ジンリャンの右がヒットし、テレブの蹴り足を掴んでテイクダウンを狙う。試合はスタンドで続きリーが右ストレートからアッパーの連打、首投げを決める。すぐに立ち上がったテレブは、右ローを返す。残り1分、ジリジリとプレッシャーをかけるリー・ジンリャンの右ローにテレブが右ストレートを合わせる。さらに左フックを入れたテレブは、リー・ジンリャンのテイクダウン狙いを切ると左ジャブの相打ちから左フックを入れる。残り10秒でテイクダウを決めたテレブが、ラウンドを取ったか。

2R、接近戦の打撃戦から間合いを取ったテレブが左フックを繰り出す。リー・ジンリャンも右を伸ばすが、これは空振りに。前に出るリー・ジンリャンだが、カウンターを受ける場面が増えてくる。テレブは左フック、リー・ジンリャンが右ストレートを放つもクリーンヒットはしない。残り半分を切り、リー・ジンリャンの手数が増えてくる。そのリー・ジンリャンの右フックをかわして、逆に右フックを放ったテレブが続いてダブルレッグを決める。担ぎパスに対し、リー・ジンリャンが右腕を差しに来てもしっかり対処しスタンドに戻ったテレブ。リー・ジンリャンはバックを取って、3度に渡りテレブを持ち上げ、腹ばい系のテイクダウンを見せた。

3R、左目の周囲を腫らしてカットしているリー・ジンリャンは、引き続き左ジャブから右ストレートを狙う。テレブが左を返すという展開が続くが、そのテレブの手数が少ない。リー・ジンリャンはローを入れながら、ジャブを伸ばすも左を被弾する。と、テレブの左フックを受けたリー・ジンリャンの動きが鈍る。それでも前に出るリー・ジンリャンに対し、テレブの左が次々と当たる。リー・ジンリャンはダブルレッグを仕掛けると、テレブの逆襲に股をすくって耐えようとする。この攻防はリー・ジンリャンがマウントを取った直後にリバーサルに成功したテレブが制し、エルボーを落としタイムアップを迎えた。結果、スプリットでテレブの判定勝ち。この結果は中国勢の成長と捉えて良い──、リー・ジンリャンが健闘した一戦だった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie