この星の格闘技を追いかける

【UFC178】ロー&ヒザで削り、止めもロー!! セラーニが非UFC最強=アルバレスを3-0の判定で下す

<ライト級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
エディ・アルバレス(米国)

アルバレスの左ボディストレート、セラーニは左ヒザを見せる。続けてボディを打つアルバレスに対し、セラーニは右ローを蹴り込んでいく。左フックから右を放ったアルバレスだが、直後にセラーニの右を受ける。セラーニは長身を生かして、左ミドルハイ&ヒザをボディに入れる。ややガードが下がったアルバレスは、前に出ると右を受ける。首相撲からヒザを狙ったセラーニに、右フックを連打し、アッパーも入れ続けたアルバレス。なぜか首のクラッチを離さなかったセラーニは殴られ続けた。

離れてワンツーを入れたアルバレスが試合の流れを掴んだか。アルバレスの右ストレートにセラーニは左ミドルから右ローを入れる。アルバレスはボディから顔面へとコンビネーションを放ち、続いてパンチを見せてから組みついていく。ケージを背負ったセラーニだが、試合がオクタゴン中央に戻ると左ヒザをボディに突き刺す。さらに左ハイからワンツー、首相撲からのヒザを逃げられるも、直後にニータップ気味にテイクダウンへ。背中についたセラーニだが、胸が合うと距離を取り直す。そのまま初回が終了した。

2R、引き続き左ボディストレートを放つアルバレスは、左ミドルを受け表情を歪める。セラーニは続いて右ヒザをボディに入れるが、アルバレスも右ストレートを顔面に伸ばす。アルバレスが組みつこうとするとそこに左ヒザをセラーニが見舞っていく。構えを変えるアルバレス、ボディが効いているか。重いローを2発入れたセラーニに対し、アルバレスが間合いを外す。

ローからパンチ、さらにローを入れたところでアルバレスが組みつくと、セラーニはバックへ。胸を合わせたアルバレスにヒザを突き上げたセラーニ、続く左ハイキックは空振りに。右ロー、左ヒザとアルバレスを削るセラーニが、左フックを打ち込む。ローとヒザ、さらにハイを見せるセラーニにアルバレスがスピニングバックフィストを放つも、肩に当たって顔面に届かない。ここで2Rが終了し、セラーニのラウンドとなった。

最終回、開始早々に組んできたアルバレスにヒザを入れるセラーニ。スイッチを見せ、ローを嫌がっているようなアルバレスだが、思い切りパンチを振るっていく。右ストレートを再び被弾したセラーニだが、テイクダウンはかわして右を伸ばす。ここでセラーニは右ローからヒザ蹴りと黄金コンビネーションへ。さらに左右のフックを重ね、アルバレスをケージに追い込む。アルバレスも飛び上がるように左を伸ばし、中央に戻るも左ハイを受けて動きが止まる。

アルバレスが下がる場面が目立ってくるなか、セラーニが右ローを2発、動きの止まったアルバレスにローからヒザ、さらに右ローでついにダウンを奪う。ここでセラーニはグラウンドに付き合い、勝利を確実なものに。ハーフで抑え込まれたアルバレスは、そこから立ち上がることができずタイムアップ。結果、セラーニが3-0で非UFCファイター最強アルバレスに快勝した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie