この星の格闘技を追いかける

【FuryFC7】ブラジル最強のライト級はエンヒッキ・メーロ

2008.12.06

Eduardo Pachu VS Henrique Mello - Photo by Tato Guion■ライト級トーナメント決勝戦/5分3R
エンヒッキ・メーロ
Def.1R/TKO
エドゥアウド・パチュ

グレイシーフュージョンのパチュ、ノヴァウニオンのメーロ。ブラジルを代表するMMAチームの新鋭が激突することとなったライト級GP決勝戦。まずメーロがテイクダウンを奪うが、パチュがすかさず立ち上がる。この立ち際に左フックを打ち込んだメーロは、続いた右ストレートでパチュがバランスを崩し、後方に倒れると、ガードを取る間も与えず右のパウンドを連打する。

頭を上下に揺らし、気を失ったパチュ。際の攻防と総合では良くいわれるが、打撃と組技、その対処の際を埋める見事なタイミングの打撃攻撃でKO勝ちを収めたエンヒッキ・メーロ。「日本で戦いたい」という言葉を残し、ライト級ブラジル国内最強の座を手にした男はリングを下りた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie