この星の格闘技を追いかける

【UFC79】リデル×シウバ 魂の一戦!GSP暫定王者に

2007.12.30

【写真】魂のこもった拳の交換。シウバ×リデルは観る者の魂を揺さぶる一戦となった (C) ZUFFA

12月29日(現地時間/土)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・イベントセンターで『UFC79 NEMESIS』が開催された。

UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦、マット・ヒューズvsジョルジュ・サンピエール(以下、GSP)に、UFC PPVでは“6年間、待ち焦がれた一戦”として紹介された、チャック・リデルvsヴァンダレイ・シウバの2大カードを筆頭に全10試合が行われた。

世界中のMMAファンが注目した、リデルとシウバの一戦は、3Rを通して壮絶な殴り合いが展開。最後は2Rにスタンドでの左ヒジ打ちでシウバの右目を切り裂き、優勢に試合を進めたリデルが判定で勝利。ピークを過ぎたと言われる両者の対戦だったが、蓋を開けてみれば、一進一退の死闘、ファイティングスピリットが拳にのり移った魂の一戦となった。


メインイベントで行われたヒューズvsGSPでは、2R4分54秒、GSPがアームロックから腕ひしぎ十字固めと巧みに移行し、完勝。敗れたヒューズは、「言い訳は出来ない。120パーセントの体調で、最高の仕上がり、最高のチームで準備をしてきた。ジョージ(ジョルジュ)は、僕より良いファイターだ。ダナと話し合うよ」と話し、引退を示唆した。

また、UFC初参戦となったソクジュは、リョートに完敗。最後は肩固めでの一本負け。PPVオープニングファイトでは、メルヴィン・ギラードと、ウェルター級とライト級を行き来する職人リッチ・クレメンティが対戦。クレメンティはギラードをチョークスリーパーで退けると、試合後のインタビューで、「オクタゴンから出て行け!」と発言。ギラードに屈辱的な一言を浴びせた。

『UFC79 NEMESIS』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie