この星の格闘技を追いかける

【UFC144】UFC JAPAN エドガー敗れ、新王者ベン・ヘン誕生

2012年2月26日(日)、埼玉県・さいたまスーパーアリーナでは、UFC144「Edgar vs Henderson」=UFC JAPANが開催された。

2000年12月のUFC29(ディファ有明開催)以来約11年ぶり、Zuffa体制になって初の日本大会は、メインイベントにUFC世界ライト級選手権試合=フランク・エドガー×ベンソン・ヘンダーソン戦を据え、秋山成勲、岡見勇信、日沖発、五味隆典、山本KID徳郁、福田力、水垣偉弥といった、まさに日本人オールスターが出場を果たした。

また、ジョージ・ソティロポロスとレオナルド・ガルシアが欠場したことで、光岡映二、田村一聖が追加参戦、光岡に至っては五味との日本人対決に臨むことに。勝てば継続参戦となるであろう両者にとっては降ってわいたビッグチャンスとなったが、その田村は、ジャン・ティエチュエンを相手に初回からパンチをクリーンヒット。2Rには左のフックを見せてから大砲のような右フックを叩き込み、豪快なKO勝利を挙げ、UFC JAPANは衝撃的な幕開けとなった。

続く第2試合に出場した水垣は、クリス・カリアソと対戦。手数こそ少ないものの、各ラウンドで上をとってパウンドを落とすなど優勢に進めたかに見えた水垣だったが、判定はカリアソの数少ない打撃を評価したか、ジャッジ三者が29-28をつけてカリアソを支持。水垣は両手を広げ、納得のいかない様子を露わにした。

第3試合の福田は、長州力のテーマ曲「パワーホール」で入場すると、カントウェルを相手に初回からダブルレッグでテイクダウンを奪う。2Rにはテイクダウンを許し、自らのタックルはきられるも、要所でパンチ&ミドルでラッシュを仕掛け、押し切る格好で判定勝利を手にした。

第4試合に登場したKIDは、軽快なステップとともにヴァグハン・リーに右フックを浴びせ、ケージ際につめてはパンチを連打する。だが、リーのパンチを浴びると、足元がおぼつくKIDは、タックルでテイクダウンを奪うも、リーの三角絞め&腕十字の連携にタップアウト。悔しい一本負けとなった。

そして、第5試合で行われた今大会唯一の日本人対決は、初回に五味の右フックに絶妙のカウンターを合わせた光岡が、ダウンを奪い三角絞めでタップを迫ったが、これを凌いだ五味が2Rに逆襲。怒涛のパンチ、膝蹴りで一気に形勢を逆転させると最後はバックからパウンド&鉄槌でTKO勝利を挙げる。

ブルース・バッファーの「こんにちは」というアナウンスで米国PPVマッチがスタートした第6試合。ライト級タイトルコンテンダー同士の一戦は、メインに出場するベン・ヘンにも勝利しているアンソニー・ペティスが、ジョー・ローゾンを鮮やかな左ハイキックで破り、第7試合では、日沖がバート・パラジェンスキーを相手に序盤からジャブでダウンを奪うと、その後もテイクダウン、腕十字では限りなく一本に迫った。3Rにもテイクダウンからバックを奪ってチョークを狙うなど、終始試合をリードした日沖が判定勝ちを挙げている。

第8試合では、“日本のエース”岡見勇信が、ミドル級王座挑戦後の再起戦に臨んだ。ティム・ボッシュを相手にパンチ、テイクダウン、マウントを奪うなど優勢に試合を進めるも3Rにボッシュの反撃を許し、ハイキックからショートアッパーを連続して被弾すると、腰が崩れるようにダウンを喫し、まさかのTKO負け。

第9試合に登場した秋山成勲は、ともに連敗を喫しているジェイク・シールズと背水の対戦。度重なるシールズのテイクダウン・アテンプトを防ぎ、1、2Rでは華麗な投げを見せた秋山は、かつて非UFC系最強と謳われたシールズに食い下がるも、判定は打撃の手数とテイクダウンの仕掛けによりシールズを支持。秋山はこの敗戦でUFC4連敗を喫す。

メインイベントのUFCライト級選手権試合では、エドガーが変幻自在のステップワークでパンチ&テイクダウンを仕掛けていくも、ベン・ヘンもミドル、ヒザ蹴りで応戦。ガードで下になると蹴り上げでエドガーにダメージを与えていく。それでも、要所でテイクダウンを決め、パンチをまとめるエドガー。ベン・ヘンも多彩な足技やギロチンを見せ、最終回にはエドガーの左ストレートを被弾するも、最後までダブルニーからギロチンを狙うなど、5Rの長丁場をノンストップで戦い抜いた。判定の結果、ベン・ヘンが新王者となり、敗れたエドガーは「少し休んで、自分の時間を過ごしたい。ストライキングもテイクダウンもできていたので残念な結果になった」と振り返った。

■大会の見所&選手のコメント
エドガーのステップ、ベン・ヘンの対抗策は?
シールズ「時差ボケはない。帰国の時が酷い」
田村一聖、「オファーは2週間前、人生賭ける」
「史上最強のKIDが見られるはず」(クーニャ)
岡見勇信、「これが世界だッという試合を」
ベン・ヘン、「勝利のイメージはできている」
秋山成勲、「セクシーな試合したい」
エドガー、「PRIDEの大ファンだった」
水垣偉弥、「日本の方がイレギュラーです」

第12試合 UFC世界ライト級選手権試合/5分5R
[王者]
×フランク・エドガー
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
ベンソン・ヘンダーソン○
(米国)
第11試合 ライトヘビー級/5分3R
×ランペイジ・ジャクソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ライアン・ベイダー○
(米国)
第10試合 ヘビー級/5分3R
×シーク・カンゴ
(フランス)
1R2分11秒
TKO
詳細はコチラ
マーク・ハント○
(豪州)
第9試合 ウェルター級/5分3R
×秋山成勲
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジェイク・シールズ○
(米国)
第8試合 ミドル級/5分3R
×岡見勇信
(日本)
3R0分54秒
TKO
詳細はコチラ
ティム・ボッシュ○
(米国)
第7試合 フェザー級/5分3R
○日沖発
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
バート・パラジェンスキー×
(米国)
第6試合 ライト級/5分3R
○アンソニー・ペティス
(米国)
1R1分12秒
TKO
詳細はコチラ
ジョー・ローゾン×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○五味隆典
(日本)
2R2分21秒
TKO
詳細はコチラ
光岡映二×
(日本)
第4試合 バンタム級/5分3R
×山本“KID”徳郁
(日本)
1R4分29秒
腕十字
詳細はコチラ
ヴァグハン・リー○
(英国)
第3試合 ミドル級/5分3R
○福田力
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
スティーブ・カントウェル×
(米国)
第2試合 バンタム級/5分3R
×水垣偉弥
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
クリス・カリアソ○
(米国)
第1試合 フェザー級/5分3R
○田村一聖
(日本)
2R0分32秒
TKO
詳細はコチラ
ジャン・ティエチュエン×
(中国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie