この星の格闘技を追いかける

【BFC49】トーナメント本命サンダースがTKO勝ち

Sunders<ウェルター級T準々決勝/5分3R>
ベン・サンダース(米国)
Def.3R0分29秒 by TKO
クリス・シスネロス(米国)

【写真】打撃、ポジショニングでサンダースはシスネロスを寄せ付けなかった(C) KEITH MILLS

いきなり左ミドル、左ハイを見せたサンダースが、ケージにシスネロスを押し込む。そのまま外掛けでテイクダウンを奪ったサンダースがサイドを取る。アメリカーナ・アームロックを狙うサンダースに対し、シスネロスは懸命にケージを蹴り上げる。

マウントを奪ったサンダースはパウンドを落すと、シスネロスは体を半身に捩じる。バックに回ったサンダースが、サイドとバックの間で足を一本いれた状態で固めるも、シスネロスが向きを入れかえシングルレッグへ。

アームロックで切り捨てたサンダースだが、シスネロスがここでスイープに成功する。サンダースもリバーサル、シングルの機会を伺うが、ここはシスネロスがトップキープに。

立ち上がったシスネロスが、ローを蹴り込むと、ガードから蹴り上げたサンダースだが、シスネロスも足を捌いてパウンド。飛び込んだところで、サンダースが三角絞めを仕掛けるも、ここでラウンドが終了となった。


2R、サンダースの左ミドルに、シスネロスはローを入れ、組みついてバックに回る。そのままグラウンドへ移行するが、トップを奪ったのはサンダースだった。サイドからキムラ・アームロックを仕掛け、外れるとニーを肩口に放っていく。

上四方から反対側のサイドに回ったサンダースは、シスネロスのシングル狙いにダースを合わせつつ、そのまま状態を崩して再びサイドへ。執拗にアームロックを狙うサンダースだが、ディフェンスに徹するシスネロスを仕留めるのは難しい。

ならばとサンダースはヒザをわき腹に落とし、顔面に左パウンドを見舞っていく。アメリカーナを懸命に耐えたシスネロスだが、サンダースにサイドを取られた状態が続く。懸命に潜りから、足を一本も戻したものの、すぐにサンダースはパスに成功する。

3R、ここまで圧倒的に試合を支配しているサンダースは、パンチを振るいながら距離を詰める。パンチを返すシスネロスだが、サンダースは首相撲からヒザを連続で突き上げる。力なく後方に崩れ落ちたシスネロスに、パウンドを集中させたサンダースがTKO勝ちを収め、トーナメント本命というべき強さを見せつけた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie