この星の格闘技を追いかける

【WEC31】フィリョ、薄氷踏む一本勝ち!

2007.12.13

 (C) MMAPLANET12日(水・現地時間)、ラスベガスのハードロック・カジノ&ホテルで行われたWEC(ワールド・エクストリーム・ファイティング)31で、同プロモーションミドル級世界王者のパウロ・フィリョが、2R4分55秒にバーバル・サブミッション(口頭で試合続行不可能を伝える)で、チェール・シェノンを下し、同王座の初防衛に成功した。

【写真】試合後、十字で腕が伸びるシーンをスクリーンで確認し、叫び声を上げるフィリョ (C) MMAPLANET

しかし、内容的には1Rからテイクダウンを許し、パウンドで攻め込まれる苦しいもの。勝負を決めた瞬間も、追い込まれながらガードポジションから腕十字を仕掛けると、レフェリーがバーバル・サブミッションと判断して試合をストップ。しかし、「タップかと尋ねられたので、ノーと答えただけ。タップはしていない」とシェノンが発言したため、会場はブーイングに包まれた。


また、フェザー級の頂上対決が期待されるジェンス・パルバーとユライア・フェイバーは、パルバーがセミファイナルに出場、35秒ギロチンチョークで完勝すると、ユライアも2R4分34秒ジェフ・カーランをギロチンで下し、WEC世界フェザー級王座防衛に成功した。

2008年はラスベガスだけでなく、カリフォルニアやオクラホマ、イリノイ、メキシコへの進出が予定されているWEC。その関係者の口から、この日のイベントを観戦していた高谷裕之の参戦(2月13日:WEC32)が発表された。

『WEC31 Faber vs Curran』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie