この星の格闘技を追いかける

【Bellator236】健闘レイアオハをトップコントロールでスタッツが破る

<バンタム級/5分3R>
ラフェオン・スタッツ(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
シェイデン・レイアオハ(米国)

サウスポーのスタッツは右ミドルを蹴られると、そのままクリンチに持ち込みケージへ。レイアオハも体を入れ替えようとするがならない。左腕を差したスタッツはヒザをボディに受け、逆に押し込まれる。ヒザをボディに入れ合い、もう一度ポジションを入れ替える。

アンクルピックでついに尻もちをつかせたスタッツだが、レイアオハがすぐに立ち上がって距離を取りなおす。互いにミドルを蹴り、レイアオハが組んでバックへ。そのまま崩したにきたが、重心の移動を利用してスタッツが逆にトップを取る。スタッツはパスをしたが、レイアオハがハーフに戻す。残り10秒でもう一度パスガードしたスタッツが初回を取った。

2R、レイアオハの右ハイをブロックしたスタッツが左ハイ、すぐにレイアオハが右ハイをもう一度蹴っていく。スタッツは右ジャブからローを蹴るが、レイアオハはここでダブルレッグからボディロック・テイクダウンに成功する。2度のNCAA王者を倒したレイアオハは、スクランブルでバックへ。前方に落とされながらキムラを仕掛ける。腕を抜き、トップを取ったスタッツはバタフライガードを越えてハーフへ。

レイアオハはクローズドを取り、下からエルボーを打っていく。頭を抱えつつ、体を丸めてスイープの機会を伺うレイアオハ。少しでもガードが開くと、スタッツは足を一本抜く。起き上がって足を捌きつつ、パンチを落としたスタッツがこの回も取った。

最終回、左ストレートを入れたスタッツ、レイアオハはケージに押し込まれてエルボーを放つ。さらに首相撲に取り、体を入れ替えたレイアオハがエルボーをヒットさせて離れる。スタッツの跳びヒザは距離が合わなかったが、直後に低い姿勢で組みついてテイクダウンを決める。ハーフで背中をマットにつけたレイアオハは、かなり削られてきたようだ。

それでもレイアオハはケージを蹴って腰を切り腕十字を仕掛ける。腕を抜かれてもトーホールドに出たレイアオハだったが、スタッツは上を取って抑え込みハーフから肩固めを狙う。ヒップスケープで防いだレイアオハだが、ここから立ち上がることはできない。

逆にスタッツがパスを決めてバックに回るとワンフックから絞めを狙う。腰を上げて前方にスタッツを落としたレイアオハだが、打撃戦で挽回する時間は残されていなかった。LFA王者候補からBellatorにステップアップを果たしたスタッツを相手に健闘したレイアオハだったが、0-3で敗れアップセットとはならなかった。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie