この星の格闘技を追いかける

【World NO GI 2019】脱いでも凄いのか!? シセロ・コスタのジョアオ、イアゴ&ジョナスが同門制覇狙う

No Gi 2019【写真】左から2人目のジョアオ、一番右のイアゴがクローズアウトを狙う(C) MMAPLANET

12日(木・現地時間)から15日(日・同)にかけて、カリフォルニア州カリフォルニア州アナハイムのアナハイム・コンベションセンター・アリーナにて、IBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権大会が行われる。ノーギ・グラップリングの国際大会としては、2年に1回のADCC世界大会に次ぐ規模を誇るこの大会のプレビュー第2回はライトフェザー級&フェザー級の見所を紹介したい。


【ライトフェザー級】
今年の世界柔術で1位から4位まで独占という前代未聞の快挙を成し遂げたシセロ・コスタ4人衆のうちの二人、ジョアオ・ミヤオとイアゴ・ジョルジが参戦。両ブロックに分かれて再びクローズアウトを狙う。

この不動の優勝候補であるシセロ・コスタ勢2人に、今年はもう1人新星が加わることとなる。昨年は紫帯で、今年は茶帯で世界柔術を制した23歳のジョナス・アンドレイジだ。黒帯取得後すでにホドネイ・バルボーザやカルロス・アルベルトを倒し、世界超一流を証明しているアンドレイジは、今回「シセロ・コスタ・バルセロナ」所属で同門の二人とのクローズアウトを狙う予定だったと思われるが、現在発表されているブラケットではなんと初戦=準々決勝で先輩のイアゴ・ジョルジと当たってしまう組み合わせとなる。

多々してアンドレレイジは試合をせずに先輩に勝ちを譲るのか、それともジョルジが後輩に道を譲るのか、はたまた禁断の同門対決が実現するのか、ある意味注目だ。

また、ミヤオの1回戦=準々決勝の相手は、コンバット柔術世界王者にして、今年のADCC世界大会の一回戦でジアニ・グリッポを倒す殊勲の星を挙げたリチャード・アラルコン(ワン柔術USA)だ。先日のポラリスにてアッシュ・ウィリアムスに強烈な腕十字を極められてしまったアラルコンだが、ブラケットに名前があるということは幸い重傷ではなかった模様。昨年の本大会の茶帯王者でもあるアラルコン。ジョアオには今年のカサイ・プロにてチョークで一本負けを喫しているだけに、雪辱のチャンスだ。

【フェザー級】
今年のアブダビ・ワールドプロ大会にて、ジョアオ・ミヤオを倒して優勝したガブリエル・ソウザ(ZRチームカリフォルニア)がエントリー。今年のノーギ・ヨーロピアンではジョアオの兄パウロをも倒して優勝しているだけに、ノーギ・グラップリングにおける強さも折り紙付きだ。

このソウザと並ぶ強力な優勝候補が、今年のブラジレイロにてジョアオ・ミヤオからパスを奪って完勝し、準優勝に輝いたアレクサンドロ・ソドレ(クルーべ・フェイジャオ)だ。そのブラジレイロと世界柔術で嶋田裕太相手に2連勝を挙げたソドレは、ノーギ・ブラジレイロも制しており、こちらもグラップリングは得意とするところ。

22歳のソウザと23歳のソドレは、ともに今年の世界柔術にてチアゴ・バホスと大激闘を展開。神懸かり的と言うべき力を発揮したベテランの執念の前に惜敗を喫したが、両者の実力がすでに世界最高峰レベルにあることを疑うものはすでにいないだろう。今回この2人の若者による決勝戦が実現すれば、来年の世界柔術の優勝戦線、さらに柔術界の未来を見据える上で重要な試合となりそうだ。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie