この星の格闘技を追いかける

【World NO GI 2019】ルースター級連覇を目指す澤田の前に、ホドネイ・バルボーザ&タリソン・ソアレス

Sawada【写真】連覇を目指す澤田、初戦から難敵と対することになった(C) MMAPLANET

12日(木・現地時間)から15日(日・同)にかけて、カリフォルニア州カリフォルニア州アナハイムのアナハイム・コンベションセンター・アリーナにて、IBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権大会が行われる。ノーギ・グラップリングの国際大会としては、2年に1回のADCC世界大会に次ぐ規模を誇るこの大会のプレビュー第1回は、最軽量ルースター級を紹介したい。


【ルースター級】
昨年この最軽量級を制し、IBJJF系の大会において日本人初の男子アダルト黒帯世界王者に輝くという快挙を成し遂げた澤田伸大(トライフォース)が連続参戦し、連覇を狙う。が、今年は2人の超強豪が参戦していることもあり、昨年以上に厳しい戦いが待っていそうだ。

前回王者として1回戦をシードされて、準決勝から出場予定の澤田の前にまず立ちはだかりそうな存在が、昨年&今年と2年連続で世界柔術準優勝を果たしているホドネイ・バルボーザ(カタールBJJ)だ。強力なディープハーフガードからのスイープという必殺パターンを持つバルボーザ相手に、澤田がサワダバーを狙う得意の形をいかに作ってゆくか焦点となりそうだ。

しかし、本大会の最大の注目選手は、別ブロックにエントリーしているタリソン・ソアレス(シセロ・コスタ・インターナショナル)だろう。17年と18年に紫帯で、そして今年は茶帯世界王者に輝いて黒帯に昇格し、すでに来年の世界柔術における強力な優勝候補と目されている20歳の若者だ。

山田秀之を腕十字で仕留めて制したソアレスの実力は、ノーギおいても実証済み。迅速のベリンボロ等を武器に、一昨年は紫帯、昨年は茶帯としてこのノーギ・ワールズを制しており、今年度も優勝を果たせば3連覇にして黒帯の部初優勝という快挙達成となる。

おそらく世界がソアレスとバルボーザの決勝戦の実現を予測&期待しているなかで、前回王者の澤田がいかに存在感を見せてくれるか、注目の最軽量級だ。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie