この星の格闘技を追いかける

【Grachan42✖Gladiator011】松場とGrand王座決定戦。NavE─02─「一番怖いのは会見でのコメント」

NavE【写真】雰囲気の怖さでは絶対に松場より、NavE(失礼!!) (C)MMAPLANET

22日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOで開催されるGRACHAN42 X GLADIATOR11で、GRANDフライ級王座を賭けて松場貴志と対戦するNavEインタビュー後編。

ファイターとして、そして人としてNavEは松場のことをどのように思っているのか。そしてグランド王座獲得の先に目指すものは何か。

<NavEインタビューPart.01はコチラから>


──チャンピオンになり、地元の三重県名張で練習会や所属する奈良県橿原市のグラウンドスクエアでの指導、そして練習と充実の日々を送られているように見受けられます。

「ハイ。ベルトを獲ってからは、ソレが自分の名刺代わりになるというか。単なるプロファイターでなく、チャンピオンということでいただく話もあるので、充実しています」

──7月以降はこの試合まで5カ月インターバルが空きました。その後、パンクラスでの試合というのは?

「とにかくこの試合を終えて、そして来年はまたパンクラスに出て行きたいですね。これまでは個人で自分の試合を決めていたのですが、今はグランドスクエアやグラジエイターの櫻井代表を通して、交渉をさせていただいているので……そういう点でも個人商店ではなくて、プロの気分を味合わせてもらっています(笑)。

そうですね……これからの試合に関しては、どうなってくのか、自分次第なのですがグラジエイターとパンクラスの両方で戦っていければ良いなと考えています」

──そのためにもグランド・フライ級王座をぜひとも手にしておきたいところです。対戦相手の松場選手ですが、改めてどのような印象を持っていますか。

「人としてですか? それとも選手としてでしょうか」

──アハハ、まずは選手としてお願いします。

「ハイ。レスリング力、高いレンスリング力を誇っていると思うので、そこに捕まらないようにして戦いたいですね。やはりレスリングが跳びぬけている選手だと思います」

──松場選手の強さは勝利に徹することのようにも感じます。

「あぁ判定勝ちですよね」

──判定というのは結果論ですが、彼の場合はお客さんに喜んでもらうとか、プロモーターの好む試合とか全く意に介さず確実に勝つ。一本やKOで確実に勝てるならそうする。抑えて確実に勝てるなら、抑え続ける。そこが強さに感じます。

「ああ、普通はエェ試合をしたいというのは選手だからありますからね。でも、松場選手はあのレスリング力でテイクダウンして、そのままで抑えて勝つ。うん、それは強いですよね。ウクライナで1度負けただけで、国内では負けなしですからね。弱いはずがないですね」

──松場選手のレスリングに対して、NavE選手の自信のほどは?

「フィジカルで強いというのは聞いていますが、そこは対応できるとは思っています。僕としてはテイクダウンは切って、戦おうと思っています。背もリーチも同じぐらいだし、まあ簡単な試合にはならない覚悟です。

でも僕も若松佑弥選手、キム・キュソンと戦ってきたので。あの2人より強いとは思っていないです。彼のレスリング力が僕のフィジカルを大きく上回ることがあるのか。僕が彼のテイクダウンダウンを食らわないで戦うことができるのか。ホント、そこはもう当日にならないと分からない部分だと思います」

──普段は小さく見えて、試合のときは大きく見える。人としてダメで、ファイターとして能力があるという感じですね。

「人としては……会場で会ったときとか、凄く礼儀正しいですし。それが記事になるとああなる(笑)。いつから、あんな人になったのかなっていうのは、本当にあります。まぁ10年前に戦った時、彼は高校生で僕は大学生でしたし。なんと表現して良いのか……特別な人間性を持っていますね。MMAPLANETで読みましたけど、久米選手が怒るのは松場選手ともう1人だけだとか」

──あぁ、○○○○ですね。もう1人は(笑)。

「アハハハ。そうなんですか。まさか、ですね……そうなんですねぇ(笑)。まぁ、ALIVEで錚々たるメンバーの選手たちと練習していますし、弱いわけがない。対して僕は名張在住で、ほとんどMMAがない場所にいます。だからこそ、あの街にベルトを2本持って帰りたいです。いずれジムを出したいと思っていますし。格闘技で地域貢献をしたいです」

──当然なのですが、負けていられないですね。

タイトルマッチに挑むのに、このTシャツ。そして、今はRoad FCで活躍する山本聖悟に松葉杖を渡され、アドリブのきかなさも過去に披露している松場

タイトルマッチに挑むのに、このTシャツ。そして、今はRoad FCで活躍する山本聖悟に松葉杖を渡され、アドリブのきかなさも過去に披露している松場

「そうですね、松場選手で一番怖いのは計量の後の会見の席とかでコメントをする時ですね。

何を言っているのか。

あんな風に言われても、僕には対応できないですね。試合では対応できても、そこは対応できない(笑)。

でも人として僕は松場選手のことは、そんな嫌いじゃないんです。だから試合のときだけは敵対心マックスで憎んで戦おうかと思っています。22日だけは」

──では最後にどのような試合をしたいですか。

「自分の動きを出すことができれば、お客さんにとっても面白いグラップリングを見せることができると思っています。東京の人にも、僕のグラップリングを楽しんでほしいです」

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie