この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN07】体重オーバーのカルヴィーロ、最初の2回を落とすも最終回の猛攻でホドリゲスとドローに

<120.5ポンド契約/5分3R>
マリナ・ホドリゲス(ブラジル)
Draw.1-0:29-28.28-28.28-28
シンシア・カルヴィーロ(米国)

左ローを蹴って離れるカルヴィーロに対し、ホドリゲスが右を当てる。間合いをはかるなかホドリゲスが右を伸ばす、首相撲へ。離れたカルヴィーロを追いかけて右を打つ。ワンツーで前に出てきたカルヴィーロに右を当てたホドリゲスは、ダブルレッグ狙いも小手投げを合わせようとする。カルヴィーロが右腕を差し上げて上を取るが、スクランブル後にパンチの連打からホドリゲスがエルボー、ヒザを決める。ボディにヒザを続けるホドリゲスに対し、カルヴィーロは距離を取り直す。

そこにホドリゲスは右を当てる。組んでケージに詰めたカルヴィーロだが、押し返したホドリゲスがヒザ、ハイキックはクリーンヒットしなかったが、首相撲&ヒザを顔面に2度決める。離れたカルヴィーロはダブルレッグからマウントを取るとパンチを連打する。そこで初回が終わり、ホドリゲスのラウンドとなった。

2R、右ストレートを当て、そのまま首相撲からヒザを腹に突き刺すホドリゲス。左ボディを返すカルヴィーロだが、顔面を殴るにいくことができない。パンチを当ててから首相撲、そしてヒザ蹴りという動きを多用するカルヴィーロが、パンチも届くため攻撃に幅が出てくる。逆に打つ手がなくなってきたカルヴィーロは、手数も少なくなる。ホドリゲスは距離を取るカルヴィーロに後ろ回し蹴りを放ち、首相撲からヒザ、ヒジを打ち込む。さらに左ボディ、右ミドル、ヒザ蹴りとホドリゲスはボディに猛攻を仕掛ける。腹を守るようにガードが下がってきたカルヴィーロ、ホドリゲスは組んでくるところでヒザを当て圧倒的な5分とした。

最終回、近づくと腹を狙われるカルヴィーロは、遠い位置で足を使いつつ一気に距離を詰めてボディロックからテイクダウンを決める。サイドから、右腕を差してエルボーを入れるカルヴィーロはハーフに戻されてもキムラを仕掛けていく。

固くクラッチするホドリゲスのワキ腹にヒザを連続でいれたカルヴィーロは、一気に背中に回ると両足をフック。勢いのあるパンチを後方から落とすと、ホドリゲスがロールして体を入れかえようとするところでトップに移行し、エルボー&パンチを連打する。さらにハイマウントに取ったカルヴィーロは、勢いをつけてパンチを打ち下ろす。

ホドリゲスもエビから足を取って立ち上がることに成功。残り30秒、右に回って打撃の距離に入らないようにするカルヴィーロは、そのままタイムアップに持ち込む。最終回が10-8なら28-28のドローにカルヴィーロが持ち込むことができる。それとも29-28でホドリゲスが勝利を手にするのか。

結果、最終回の反撃でジャッジ2人が28-28をつけマジョリティドロー、痛み分けとなった。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie