この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN07】一帯一路ジャッジ? ソン・ヤードンが反則減点&劣性もステーマンに気の毒なドローに

<バンタム級/5分3R>
コディー・ステーマン(米国)
Draw.1-0:29-27.28-28.28-28
ソン・ヤードン(中国)

右に回るソン、間合いを図る両者に容赦のないブーイングが起こる。ソンは右から左を振るって前に出ると、ステーマンはバックステップでかわす。それでも前に出るソンは左フックを当てる。フェイントを多用するステーマンも左ジャブを当て、ソンが後ろ回し蹴りを狙う。ステーマンは左を見せてダブルレッグへ。頭を押して立ちたいソンはゴゴチョークへ。腰を落として絞めるソンは、手を振って大丈夫だというステーマンがヒザをついているにも関わらずヒザで顔面を蹴ってしまいペナルティで1P失ってしまう。

ドクターチェックを断ったステーマンに対し、ソンは素早い踏み込みからパンチを放っていく。そこにテイクダウンを合わせようとしたステーマンをスプロールしたソンは、もう1度ダブルレッグを切る。2Pのリードを許すのか、イーブンで終えることができるのか──ソンは最後にシングルレッグを許し大きなハンデを背負うことなった。

2R、右フック、左ミドルを蹴ったソンが、続いて右フックをクリーンヒットする。分かり易いダブルレッグを見せるようになったステーマンは、シッティングへ。クレイドルから立ち上がったソンに対し、ステーマンはショートの連打を繰り出す。ソンがロー、ステーマンはワンツーを見せる。徹底してテイクダウン狙いに切り替えたステーマンだが、ケージに押し込んだソンがバックを伺う。

離れた直後にテイクダウンを許したソンは、足関節を狙いつつ潜りスイープなど仕掛けてスクランブルへ。打撃の間合いでステーマンはボディロックテイクダウンを決める。ハーフのソンがブリッジでリバーサルを決め、勢いのあるエルボーを打ち込む。ステーマンは下から掌底では叩きながらラウンド終了を迎えた。

3R、逆転にはフィニッシュしかないソンは蹴りのフェイクから左ジャブを伸ばす。ステーマンはもうテイクダウンしか狙わないような間合で、ダブルを決める。バックコントロールを許したソンは、前転してヒザを取りに。続いて体を反転させたステーマンにシングルを仕掛けるが、ここもバックを許して前転からのガードを強いられる。パスの圧力を高めるステーマンが、時間を使って盤石の試合展開に。

ソンは右腕を差して上体を起こそうとするが、ステーマンが潰す。殴って固めに入ったステーマン、ポイントを大きくリードしていることで余裕を持って戦っている。その余裕が武器となり、パス狙いからバックを取りワンフック、さらに上を取りパンチを連打する。胸を合わせてきたソンを潰し、エルボー、そしてパンチを打ちこんだステーマンが中国期待のソンにUFC初黒星を与えた──と思いきや、なんとジャッジの裁定は1-0のドローに。

つまり2人は初回がソンが優位で9-9に、そして2Rをソンのラウンドとしたということか。判定に関してソンに落ち度はない──が、これはあり得ない裁定でソン自身が違うという仕草を見せ、手を合わせて詫びた。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie