この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN07】パンチが届く距離の打ち合い&レッスルMMAで、フォントがシモンに判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ロブ・フォント(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
リッキー・シモン(米国)

左右に回るシモンに対し、左ジャブを伸ばすフォント。ボディに右フックを合わせたフォントは、続く顔へのフックに対しダブルレッグを決める。立ち上がったシモンは、首相撲からヒザを突き上げる。フォントは右アッパーをヒットさせ、シモンのダブルレッグをスプロールする。互いに左ジャブを入れ合い、フォントの左フックをシモンが小さなMMAグローブでブロック。

直後に左ストレートを決めたシモンは、足に来たフォントに跳びヒザを放ち、そのままダブルレッグでテイクダウンする。立ち上がったフォントの頭部にヒザを突き上げ、ダブルレッグからハイクロッチでリフト、叩きつけたシモンが試合をリードする。両者がスタンドに戻ると、フォントはヒザからパンチをワンツー、そしてスリーまで入れる。しかし続くスピニングバックフィストでバランスを崩してしまい、すかさず組みついたシモンが上を取る。フォントはスクランブルから即立ち上がったが、初回を落とした。

2R、シモンの左フック、フォントの右アッパーが交錯。一発で試合が決まりそうな空気のなか、フォントがワンツーで左フックを打ちこむ。シモンはダブルレッグを切られ、前蹴りで上体を反らされ顔面に連続でパンチを被弾する。さらにダブルレッグにギロチンを合わせたフォントは、スタンドに戻るとアッパー、ヒザ蹴りで圧力を高める。ジャブの差し合いから、シモンが右を当てるがフォントも右フックを返す。

ワンツーを決めたフォントは、左ジャブを被弾してもプレッシャーをかけ続けるが、シモンも打撃が劣性のなかでてテイクダウンを決める。それでもフォントは背中を譲ることなくスタンドに戻ると、踏み込んで右アッパーを決めた。

最終回、シモンが左ボディフック、フォントが右ストレートをヒット。打ち終わりにパンチを受けるシモンだが、一気に距離を詰めてヒザ突き上げる。左フックを当てた直後のダブルレッグを切られたシモンは、左リードをもらう。シモンの左ジャブが届く距離は、フォントがジャブを打ち抜ける距離もでもある。

シモンはさらに中に踏み込み、左フックからエルボーを打ち込む。この2つを当たてことでダブルも懐に入れたシモンがテイクダウンに成功し上を取る。右を差してスタンドに戻ったフォントは左ジャブを連続で伸ばすも、さすがにスピードが落ちてきたか。そのフォントが右オーバーハンドとアッパーを入れ、ジャブを伸ばす。

パンチの圧力は上回るファントに対し、シモンは頭を振って前に出て右を当てる。フォントは真正面からのテイクダウン狙いを切り、アッパーを伸ばす。終盤、ケージの周囲を回るようになったフォントのジャブにも、シモンは前に出続けタイムアップに。

今のUFCで好まれる、LFAやコンテンダーシリーズ流の殴り合い&レッスル戦は結果が割れることなく、3-0でフォントが判定勝ちを手にした。

パンチが届く距離のボックス&テイクダウンMMAは


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie