この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.T07】テイクダウンで上回った本田良介が元世界王者・黒澤との接戦を制す

Ryosuke Honda vs Ryohei Kurosawa【写真】初回を取り、2Rを取られた本田。当日計量で疲弊しまくりのなか組み勝負に賭けた(C)MMAPLANET

<ストロー級/5分3R>
本田良介(日本)
Def.2-1:30-28,29-28,28-29
黒澤亮平(日本)

サウスポーの本田がローで牽制しながら、シングルを仕掛けて黒澤に尻もちをつかせる。下からバタフライガードをとる黒澤に対し、本田は足を一本超えたが、すぐさま黒澤は立ち上がる。ここで本田は黒澤をケージに押し込みつつ、ダブルで再びテイクダウン。立ち上がろうとする黒澤を、本田はハイクラッチでコントロールする。黒澤が離れると、パンチで追いかける本田。再び組み付き、黒澤をケージに押し込む。ホンダのダブルレッグは、脇を差してカットする黒澤。体勢を入れ替えたところで、ケージを背負った本田が首相撲から払い腰で黒澤を倒し、トップをキープしてファーストラウンドを終えた。

2R、本田が左ミドル。バックステップでかわす黒澤。ホンダはダブルレッグから黒澤の左足を抱え、ケージに押し込む。離れ際にパンチを放つ本田、黒澤はサイドステップでかわし、パンチを返す。離れたところで黒澤が右ストレートを本田の胸元に突き刺す。一瞬動きが止まった本田。シングルを仕掛けても黒澤にカットされてしまう。ここで黒澤がプレッシャーを強めていく。パンチを打つ際に身体が開くようになった本田に対して、黒澤はインから右ストレート。本田の左ストレートをもらって下がった黒澤だが、続く本田のテイクダウンをカットし、頭部にエルボーを連打する黒澤。このラウンド残り20秒で、切り返した黒澤がトップを奪い、本田の顔面へ鉄槌を落としていった。

最終R、黒澤がステップを踏みながらローを放つ。本田の足は1Rほど動いてはいない。黒澤の右ストレートがヒット。距離を詰めて、ケージ際で本田がダブルレッグを仕掛けてテイクダウンに成功し、そのままバックを狙う。右足をかけながら、右手を黒澤の首に回した本田。ここから足をフックし、RNCの体勢に入ったが、黒澤が反転して立ち上がる。すぐさま組み付き黒澤をケージに押し込む本田が、またも黒澤に尻もちを着かせる。相手にバックを取らせて立ち上がる黒澤だが、本田は黒澤を組み倒してバックマウント、そしてRNCへ。黒澤も凌ぎながら立ち上がるが、本田もシングルでテイクダウン。両者ノンストップアクションを繰り広げて、試合終了のブザーを聞いた。

判定はスプリットで本田。接戦をモノにし、今年2連勝を飾った。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie