この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.T07】攻守がめまぐるしく変わるクロスファイトの末、猿丸と中川は三者三様のドロー

Junji Sarumaru vs Mickeal Nakagawa【写真】マイケルが追い上げ、ドローに持ち込む(C)MMAPLANET

<ストロー級/5分3R>
猿丸ジュンジ(日本)
Draw.1-1:29-28,28-29,29-29
中川マイケル(米国)

ローを放ちながら距離を詰める中川に対し、下がりながらローを打ち返す猿丸。猿丸はダブルレッグを仕掛けるも、中川はこれをカット。ローで猿丸のバランスを崩していく。猿丸は左フックから右ストレート。テイクダウンに繋げようとするが、中川はカットして右を返す。中川が中に入ろうとしたところで、猿丸のパンチがヒット。体勢を整えた中川は、すぐに自分の距離を保つ。中川のパンチをかわしながら組み付いた猿丸だったが、これを切った中川が距離を取りつつ、反対に猿丸からテイクダウンを奪う。猿丸もすぐに立ち上がり、試合は距離を取る。中川はプレッシャーをかけながらロー。ラウンド残り30秒のところで、猿丸が左フックでダウンを奪い、立ち上がった中川からトップを奪い、パンチを落としていった。

2R、中川のプレッシャーに対し、自ら距離を詰めてパンチを返していく猿丸。打ち合いでも右をヒットさせる。打撃とテイクダウンを織り交ぜていく両者。中川の右足を抱えた猿丸だったが、テイクダウンには至らず。しかし直後、中川をケージ際に追い込み、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったのは猿丸。中川もすぐに立ち上がる。ここで中川がダブルレッグダイブで猿丸に尻もちを着かせるが、猿丸もすぐさま立ち上がる。

ラウンド終盤、中川のローに右を合わせた猿丸。ケージを背負いつつ、再度ステップを使う。中川の右足を抱えながらパンチを当てる猿丸に対し、中川も距離をつめ、組み付いてグラウンドへ持ち込む。猿丸に立ち上がられるも、終了間際に右の縦ヒジを見せた。

最終R、中川のロー。距離を詰めるとボディへのテンカオ。猿丸も顔面とボディへのコンビネーションを見せる。打撃戦のなか、中川の右が猿丸の顔面を捉える。さらにボディを食らって下がる猿丸。中川のパンチをもらって、鼻から大量の出血が見られるように。中川は右で猿丸をグラつかせるが、後続打を出すことができない。ラウンド中盤、中川の左ローが猿丸の下腹部を捉えたか、試合は一時中断。猿丸にインターバルが与えられる。

再開後、距離を詰めていく中川。猿丸もサイドステップを使うが、中川のパンチが猿丸にヒットする。ジャブで距離を測る猿丸に対し、中川がダブルレッグへ。リフトアップされた猿丸が中川を潰して一瞬バックを奪いかけるも、中川がすぐにトップを奪い返して最終Rを終えた。

判定は、お互いに1ポイント差で獲得しながら、1人のジャッジがドロー。三者三様の引き分けとなった。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie