この星の格闘技を追いかける

【UFC242】ハモスを完封したマカチェフが、ヒザ蹴りからパウンドでビッグラウンドとし大勝

<ライト級/5分3R>
イスラム・マカチェフ(ロシア)
Def.3-0:30-26.30-26.29-27
ダヴィ・ハモス(ブラジル)

左ミドルを蹴ったマカチェフ、ハモスは右ローを返す。慎重な立ち上がりの中で、マカチェフが右ジャブを伸ばす。左ミドルからのシングルレッグは決まらなかったマカチェフは、ハモスの右ハイをしっかりとガードする。左フックを放ったマカチェフ、ハモスは右ミドルを蹴る。右アッパーから左を当てたマカチェフは、手数が少ない展開のなかで左ボディフック、左ミドルを見せるなど手数で踏み込んでからのパンチの空振りが多かったハモスを上回った。

2R、初回より距離が近くなりハモスが左ジャブを伸ばす。マカチェフの左ハイをブロックしたハモスがフックの連打から前に出て組みつくが、テイクダウンには至らない。離れたハモスに対し、マカチェフが左ボディフックを入れる。距離は近づいたが、特に手数が多くなったわけではない両者、そのなかでマカチェフが左ストレートを届かせる。ハモスの右に左を合わせたマカチェフだが、逆にアッパーに右を合わされ一瞬動きが止まる。

その後は左ストレートを当てるなど、追撃を許さなかったマカチェフが精度でハモスを上回る。さらに前進をサークリングでかわすマカチェフは、組まれてもヒザを入れる。曽於語も右ジャブ&左ストレート、左ローを当てたマカチェフが初回に続きこの回も取った。

最終回、逆転を狙い左右のパンチを振るい組んでいったハモスに対し、マカチェフが首相撲からヒザを入れダウンを奪う。速射砲のようなパウンドを連打したマカチェフが一旦、息を整えるようにガードの中に収まる。ここからはマカチェフが時折、勢いのあるパンチを入れつつ抑えるという展開に。ハモスはケージを掴んで注意を受ける。残り2分、キムラロックから腰を切って逆側の腕にアームバーを狙ったハモスだが、マカチェフが察知して腕を抜く。

その後もケージキックからの腕十字も防がれたハモスは、そのまま残り10秒まで下のままで過ごし、最後に蹴り上げで離れたマカチェフに対し、手をついた状態で蹴りを見せスタンドへ。ここでタイムアップとなりマカチェフが判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie