この星の格闘技を追いかける

【Titan FC56】試合結果 絞め警戒のウィットニーに対し、ソアレスが見事な腕十字で14連勝達成

Tiatn FC56【写真】RNCを必死に防いでいたウィットニーを腕十字で下した(C)TITAN FC

23日(金・現地時間)、フロリダ州フォートローダーデールのエクストリーム・アクションパークでTitan FC56「Soares vs Whitney」が開催された。

メインでTitan FCフェザー級王座、3度目の防衛戦を行ったジェイソン・ソアレスは、ローキックでアンドリュー・ウィットニーを崩すと一気に寝技でバックを奪取。懸命に手首を掴み、RNCを防ごうとしたウィットニーの動きを利用し一気に腕十字を極めた。

これでキャリア14連勝としたソアレスにUFCからのコールはあるのか?


Titan FC56「Soares vs Whitney」
<Titan FCフェザー級選手権試合/5分5R>
○ジェイソン・ソアレス(米国)2R4分39秒
腕十字
詳細はコチラ
×アンドリュー・ウィットニー(米国)
<キックボクシング164ポンド契約/3分3R>
○カイオ・ウルグアイ(ブラジル)3R
判定
×ブルース・ラッチメディアル(カナダ)
<157ポンド契約/5分3R>
○シャヒーン・サンタナ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×リー・リリー(米国)
<バンタム級/5分3R>
○レイモンド・ラモス(米国)3R
判定
×ケニー・ポーター(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ランドン・スチュアート(米国)1R1分41秒
KO
×フィリップ・ケラー(米国)
<160ポンド契約/5分3R>
○チャーリー・デッカ(米国)2R
TKO
×スティーブン・ディフェール(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ジョシュア・ダ・シルヴェイラ(米国)1R
RNC
×ジャスア・マーシュ(米国)
<ミドル級/5分3R>
○マイルズ・エイモンズ(米国)3R
TKO
×ヘクター・オラザバル(米国)
PR
PR

関連記事

Shooto

Movie