この星の格闘技を追いかける

【UFC240】シングルは切るようになったオバメルシエだが、小外掛け潰されツァルキャンに下る

<ウェルター級/5分3R>
アルマン・ツァルキャン(アルメニア)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
オリヴィエ・オバメルシエ(カナダ)

サウスポーのオバメルシエが左ロー、左右のフックで前に出たツァルキャンがダブルレッグも倒しきれない。離れたツァルキャンはシングルからバックに回り、独特のタイミングの打撃でペースを握るオバメルシエに自分の試合をさせない。回って逃げようとしたオバメルシエの左足を取り、再びバックを取ったツァルキャンは一旦離れてヒザを受けそうになるが、すぐにシングルでバックに回る。バックコントロールを続けるツァルキャンに対し、オバメルシエはケージに右肩をつけて真後ろは取らせない。

2Rになってもシングルを続けるツァルキャンだが、ついにオバメルシエが体を入れ替えて逆にシングルで詰める。ボディロックテイクダウンをケージを掴んで防いだツァルキャン、これは減点モノだがレフェリーが流す。左ミドル、ヒザ蹴り入れたオバメルシエは、続くシングル狙いにもヒザを当てる。それでも執拗に足を取りに来たツァルキャンから離れたオバメルシエ。打撃の間合いもすぐにツァルキャンがシングルに出る。

オバメルシエの左ヒザにフックを合わせたツァルキャンは、ローを蹴られても右フック、右アッパーを打ち込む。オバメルシエが左フック、左ミドルを蹴り込む。組まなくて打撃戦でも前に出るツァルキャンだが、この回は失ったか。

最終回、左右のワンツーフックを入れたツァルキャンがシングルレッグへ。切ったオバメルシエがワンツー、続く組みも切っていく。逆に左ヒジから組みついたオバメルシエがケージにツァルキャンを押し込み、右腕を差して小外掛けへ。体重を浴びせたツァルキャンが上を取り、オバメルシエはガードを強いられる。体を起こしてエルボーを振り下ろすツァルキャンは、すぐに頭をつけて抑える。さらに腰を上げてパンチを入れ、足を抜きに掛かるツァルキャン。オバメルシエは、このままでは判定で勝てない。

三角絞めを逃げられたオバメルシエは、背中をマットにつけたままエルボーを打ち合い、足を一本抜かれて戻したところでタイムアップに。ツァルキャンが判定勝ちした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie