この星の格闘技を追いかける

【Bellator ES03】ムサシ陥落……ロバトJr、ムンジアル黒帯に次ぎベラトールの頂点に立つ偉業達成

<Bellator世界ミドル級選手権試合/5分5R>
ラファエル・ロバトJr(米国)
Def.2-0:48-47.48-47.47-47
ゲガール・ムサシ(オランダ)

ローから右ストレートを伸ばし、左ミドルを蹴るロバトJr。受けても大丈夫と感じられるほど、真正面で下がることなくムサシはロバトJrの打撃を受け、そこからパンチを放っていく。距離が近づくとロバトJrはヒザ蹴りから、ケージにチャンピオンを押し込む。右腕を差したロバトJrは、ムサシが体を入れ替えて離れた直後にニータップでテイクダウンに成功する。

ハーフバタフライからバタフライガードに取ったムサシだが、ロバトJrが腰を押してパスを狙う。ムサシは跳ね上げてスイープを仕掛けるも、ここはバランスをキープしたロバトJrが右側にパスに成功する。ニーインベリーからマウントを伺うロバトJrが、足を絡まられてサイドに戻る。テッポウも潰しニーインベリーからパンチを入れたロバトJrは頭を抱えてムサシのリバーサルを耐え、トップをキープしたまま初回を戦い終えた。

2R、打撃の圧力を高めるムサシに対し、ロバトJrは組んで引き込むとハーフからリバーサルに成功しトップを奪う。バタフライガードも構わず左のパンチを落とすロバトJrは、スクランブルでバックを狙うが、ムサシは胸を合わせて離れる。飛び蹴りを見せたロバトJrが、ボディロックへ。ヒップトスで投げたムサシだが、ここもハーフからボディロックに取り、今度はスクランブルでバックを伺う。

胸を合わせてケージを背負うムサシにヒザを入れたロバトJrは、左腕を差して金網を押しつける。ムサシは細かいヒザを突き上げ、離れたロバトJrに左ジャブをヒットさせる。さらに右を伸ばすムサシは、左ボディフックを入れる。ジャブを嫌がり回るようになったロバトJrは、サークリングを続け2Rが終わった。

3R、前ラウンドの終盤に試合の流れは変わったのか──大切な5分は、ムサシの右ローとワンツーでスタートした。ニータップからムサシの左足を取り、軸足を払いつつバックに回ったロバトJr。ムサシは後方に倒れこんだロバトの動きに、ケージを掴んで耐えるが、レフェリーに注意されそのままテイクダウンを許す。ハーフで左右のパンチを落としたロバトJrは、パスを決めて即マウント奪取。

殴られて背中を見せたムサシに対し、四の字フックのロバトJrが立ち上がることを許さない。ムサシは体を捻って胸を合わせると、エルボーを打ちつける。足をすくってヒザ十字狙いかと思いきや、ハイガードを取ろうとするなど変幻自在のガードワークを見せるロバトJrだったが、ムサシが思い切りパンチを落とす。ヒザ十字狙いを潰され、足首を掴まれたロバトJrは後方回転からシングルレッグへ。切ったムサシは足を捌いてパンチを落とし、この回を取った。

4R、勢いのある右ローからワンツーを伸ばしたムサシは、組まれそうになると右アッパーを振り上げる。組めなくなったロバトJrはケージを背負って左に回る。右ストレートを伸ばしたロバトJrは、逆に左フックを被弾しハイキックもキャッチされる。ついに組もうとし引き込んだロバトJr。MMAで柔術家が敗れるパターンにはまってきたロバトJrは、アッパーを被弾しダウンをする。

ガードを取ったロバトJrが足関節からバックを狙うも、ムサシが足を引き抜いて離れるとスタンドで待ち受ける。レフェリーに立ち上がるよう指示されたロバトJrは、ムサシ・チャントの中でシングルレッグも足を抜かれ、ガードを取る。寝技には付き合わないムサシ、スタンドに戻されたロバトJrは大振りの左フックが空を切る。ムサシは余裕なのか、疲れを回復しようとしているのか仕留めにいかない。残り10秒、手を出さないままチャンピオンはラウンド終了を迎えた。

初回と2RがロバトJr、3Rと4Rはムサシで特に4Rはビッグラウンドになった可能性もある。ここまで38-38、あるいは38-37ムサシという可能性もある。

最終回、左ハイからロバトJrが距離を詰める。4Rは体力温存に当てていたのかロバトJrは思い切り組みつき、力を使ってテイクダウンに成功する。ムサシの左足を束ねて抑え、腰をコントロールして背中をマットにつかせたロバトJrがトップをキープする。バタフライガードから立ち上がろうとしたムサシをギロチンに捕らえ、動きに合わせてバックを取ったロバトJrが両足をフックする。

背中をマットにつけ仰向けのバックグラブでRNCを狙うロバトJrは、ムサシが横回転しても背中に張り付いて落ちない。アゴの上からRNCを仕掛けられたムサシが、必死に腕を押して逃れ上体を起こそうとする。逃がさないロバトJrは、四の字フックとシートベルトを続けて後方から鉄槌を連打。胸を合わせることができず、バックマウントに捕らえられたままタイムアップを迎えたムサシは、勝利の雄叫びを上げるロバトJrを横目で見た。

最終回を取ったロバトJr が48-47で勝ちきった可能性が高いが、4Rの取り方で47-47のドローでムサシの防衛成功という可能性もある。

果たしてジャッジ1人は47-47でドロー、残り2人は48-47でロバトJrが勝ち名乗りを受けると、キャンバスに座り込んで涙にくれた。

「俺たちはやったんだ。夢が叶ったよ。この機会を与えてくれたムサシに感謝している。ここにいる皆が、彼を応援していたことは分かっている。彼はウォリアーで、レジェンドだ。彼と戦えたことを光栄に思う。僕にはアムステルダムにたくさんの友人がいる。君の国を愛している。ロンドンの皆は人生で最高の時をシェアしてくれた。家族、支えてくれた仲間のおかげで夢が叶った。ごめん、なんて話せば良いのか分からないよ」と新ベラトール世界ミドル級王者は話した。

ムンジアル黒帯優勝で北米メジャーMMA王座獲得は、BJ・ペンに次ぎ2人目のラファエル・ロバトJrが格闘技界に金字塔を打ち立てた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie