この星の格闘技を追いかける

【HEAT44】ライト級王座防衛戦=サントス戦へ、裏番長オク・レユン「MMAを見せつける」

Ok Lea-yoon【写真】オク・レユンの実力は確か。そして、この試合は日本で行われるケージMMAライト級のなかでトップクラスになることは間違いない(C) MMAPLANET

3月2日(土)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場イベントホールで開催されるHEAT44で、HEATライト級王者オク・レユンがトム・サントスを相手に2度目の王座防衛戦に臨む。

その実力者ぶりはMMAファイター間では十分に浸透しているオク・レユンはロードFCからパンクラス、そしてRIZINを経てHEATに戻ってくるサントスの対し、どのような対策を練ってきたのか。

隠れた実力者、日韓MMA界ライト級裏番長のMMA道とは。


──トム・サントス戦が近づいてきました。今の体調を教えてください。

「最終的な戦略、戦術の部分を詰めながら、トム・サントス戦に備えています。コンディションも良いので、あとは減量だけに集中すれば良いかなといったところです」

──この試合に向けて、どのような調整をしてきましたか。

「今回の試合は自分自身を試す舞台だと考えているので、MMA的な技術の練習に集中してきました」

──岡見勇信選手がチームMADの同門キム・ドンヒョン選手の下を訪れていたようですか。

「自分は一緒に練習はできていないです。日本のレジェンドである岡見選手とは一緒に練習することができなくて、本当に残念です」

──そうでしたか。ではオク・レユン選手の言うところのMMA技術の中で今回の試合に向けて特に練習してきた部分はありますか。以前は打撃をシステマチックにすることと言われていましたが。

「今回は打撃に少し力を入れて、打撃からグラウンドに持ち込むための連係した動きを結構練習してきました。もちろんパウンドやサブミッションも含めてです」

──HEATでは組んでくる選手との対戦が続きましたが、サントスはストライカーです。

「打撃でやりあうというよりは打撃からグラウンドへ持ち込むためにテイクダウン、そこからのパウンド、サブミッションといった流れなどをしっかり練習してきました」

──ところでトム・サントスにはどのような印象を持っていますか。

「普段は純朴で人が良さそうに見えますが、試合になるとシャープで強そうな選手に変わります」

──……。技術的な部分でいえば?

「良い打撃スキルを持ち、一発もある選手です。瞬発力もあるように見えます。パワーが凄いので一瞬のミスが致命的になるかもしれないので、一発に気をつけることですね。ただし打撃に集中しているスタイルで、グラウンドでの実力はまだ打撃と比べたら不足しているように感じます」

──そんなサントスに対して、オク・レユン選手はどのような試合をしたいでしょうか。

「MMAの試合ですので、打撃だけ良くても勝てるわけではありません。MMAがどのようなものか、見せつけます」

──サントスはHEATからRoad FCやパンクラス、RIZINで経験を積んできました。対して、オク・レユン選手はHEATで年に1度か2度試合をするという状況です。実戦経験という部分で、自信のキャリアの積み方についてどのように感じていますか。

「色々な団体で試合をしながら経験を積むことはとても大事で、実力の向上にも繋がると思います。ただ自分はジムの強いパートナー達と毎日実戦かのように練習しているので問題ありません」

──今後のステップアップとしては、どのようなキャリアアップをこの試合後に考えていますか。

「良い条件のオファーが来るのであれば……と考えることはあるかもしれませんが、今回の試合後に考えるべきことです。今は試合のことだけに集中したいです」

──過去にHEATの活躍があり、HEAT以外の日本のプロモーションから声が掛かることはなかったですか。

「日本ではない国のイベントからはありましたが、日本の他の団体からはありませんでした。自分はHEATの初代ライト級チャンピオンです。初代ということもあって、より貴重に感じています。HEATは自分にチャンピオンという地位に就かせてくれた恩のある団体なんです」

──男前な言葉、ありがとうございます。では最後に日本のファンに一言、お願いします。

「日本のファンの皆さん、いつもありがとうございます。また日本に行くことができて光栄です。HEATライト級チャンピオン、オク・レユンをより応援してもらえるよう頑張ります!」

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie