この星の格闘技を追いかける

【EJJC2019】ライト級。結果が欲しい岩崎正寛、実現するか1年半振りの帝王レプリとの対戦!!

Masahiro Iwasaki【写真】昨年の欧州移行、IBJJFのトーナメントでは紙一重の敗北が続き上位進出を果たせていない岩崎。結果を求めたいヨーロピアンだ (C) SATOSHI NARITA

15日(現地時間・火)から20日(同・日)にかけて、ポルトガルのリスボンにあるパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスにてIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権が開催される。ヨーロッパのみならず、米国より入国しやすいという状況でブラジルからも強豪が参戦しやすい──ヨーロピアン。今回は昨年本大会で準優勝して世界的なブレイクした岩崎正寛が出場するライト級の見どころをお届けしたい。
Text ISAMU HORIUCHI


1年前のこのヨーロピアンでヘナート・カヌート&エドウィン・ナジミという強豪を連破し、決勝でも元世界王者のマイケル・ランギ相手にお互い1ポイントも献上しない紙一重の攻防の末、アドバンテージ1差で敗れて準優勝を飾った岩崎正寛(カルペディエム)。パン大会ではヴィトー・オリヴェイラ、世界大会ではヴィクトー・シルヴェイロというトップ勢に惜敗して上位進出はならなかったが、ムンジアル直後には桜庭和志主催のグラップリングチーム戦QUINTETに参戦し、チーム・カルペディエムの優勝に貢献した。

その後も韓国のスパイダー・インヴィテーショナル、ニューヨークのカサイ・プロ等の招待プロ大会に出場し、前者ではウゴ・マルケスに、後者ではMMAで活躍するマーチン・ヘルドにパスガードを決めて勝利する等、道着ばかりでなくノーギにも積極的にトライしてきた。年末のノーギ・ワールズも1回戦で敗退したものの、その後圧倒的な強さで優勝したジャンニ・グリッポ相手に終始トップを譲らず、ノーポイント、アドバンテージ差の競った戦いを展開した。

そんな岩崎のヨーロピアンの初戦の相手は、29歳の岩崎より年上だが新黒帯のジェレミー・ジャクソン。さらにもう1試合を突破すると、おそらく準決勝で世界5連覇中のルーカス・レプリと当たることになる。この最強王者相手に岩崎は、2016年のムンジアルではオモプラッタで完敗。一昨年の世界大会の対戦時には両者ノーポイントにしてアドバンテージ1差ではあったものの、岩崎のトップからの攻撃がレプリのガードワークを脅かす場面は見られなかった。

立ち技、トップゲーム、ガードワーク、極めと全ての面において極めて高い完成度を誇る絶対王者レプリ。そのまさにコンプリートな柔術に、岩崎は強靭なバネを活かしたハーフガードからのスイープ、トップにおける無類に重いベースとプレッシャーにレスリングや柔道を加味した独自の戦いで挑む。マリアナス・オープンではジルベウト・ドリーニョという元世界王者越えも果たしている岩崎、ぜひともレプリを実現させ、その戦いに刮目したい。

なお、もう一つのブロックの注目選手として、米国を代表するモダン柔術の使い手ジャンニ・グリッポが挙げられる。上述のように年末のノーギ・ワールズの初戦で岩崎を倒したグリッポは、決勝では長年接戦を繰り広げているライバルのマーシオ・アンドレと対戦し、チョークで一本勝ちして圧倒的優勝を果たした。その勢いのまま、26歳のグリッポはヨーロピアン初制覇を目指す。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie