この星の格闘技を追いかける

【PFL】新シリーズでプロデュース界の大物と手を組むPFL、2018年レギュラーシーズンの全容は?

2018.03.31

PFLDaytona_【写真】ビジネスの土台が北米と日本では違ってしまっているのだろうが、やはりケージの中でどのような戦いが見られるのか。その発表が欲しいところだ (C)PFL

29日(木・現地時間)、PFL=Professional Fighters LeagueがMGMテレビジョン・グループ&デジタルのマーク・ブルネット代表とパートナーシップを結び、新シリーズにおいてコンテンツのプロデュースに関わることが発表された。


WSOFを買収し、本年度よりMMA界初のレギュラーシーズンとプレーオフ制度を用いることが決まっているPFLがエイミー賞を12度獲得し、ザ・ヴォイス、サバイバー、シャークタンク、ビート・シャザムなどNBC、CBS、ABC、そしてFOXと四大ネットワークのリアリティTVショーでエグゼクティブプロデューサーを務め、2015年に現在のMGMテレビジョン&デジタル・グループの社長となった伝説的な英国人プロデューサーは来年度より、ザ・チャレンジャー・シリーズというプロデュースに関わるという。

「MMAという急速に発展するスポーツは、リーグ・フォーマットとして活動する時を迎えたんだ」と言うブルネット。正直、日本に住む身としてはこの件がピンとくるわけではない。来年度からスタートする新シリーズよりも先に、7日にNBCSNの中継でスタートを切り、8月まで毎週木曜日にライブショーが行われるという2018年シーズンの全容の発表が待たれる。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie