この星の格闘技を追いかける

【ACB79】Top FCミドル級王者キム・ジェヨン、バキトフの『組み』に判定負け

<ミドル級/5分3R>
バイサングル・バキトフ(ロシア)
Def.unanimous
キム・ジェヨン(韓国)

左右にステップを踏むキムが左インロー、バキトフの左フックをダックでかわし左ローをもう一度蹴る。続く前進に嘉新振りながら強烈な左を振るったバキトフは、アッパーからダブルレッグでテイクダウンを決める。両足を束ねてケージに背中をつけた状態のキムに左右のパンチを打っていく。足が抜けないキムは、座った状態でボディと顔面にパンチとエルボーを被弾しつつ、ようやく右足を抜く。

両足が抜け、立ち上がろうとしたキムだったが、バキトフが再び両足を束ねジェイク・シールズばりの四の字フックで挟んで立たせない。今度はすぐに足を抜いたキムだが、立ち上がり際に足をコントロールされ最後まで立ち上がれないまま初回が終わった。

2R、額をカットしているキムはここもステップを多用し、左フックへ。バキトフは低い姿勢でシングルを取り、そのまま腰をコントロールしてテイクダウンを奪う。ケージ中央でスクランブルからバックを制したバキトフに対し、ケージ際に移動したキムは左腕を差して胸を合わせ立ち上がる。

ケージ際でテイクダウンを仕掛けてきたバキトフを切って、バックに回ったキムがパンチを連続で打ち込む。バキトフはシングルを仕掛け、鉄槌を落とされながらダブルレッグに切り替える。アンクルピックに尻餅をつかされたキム、スイッチにも左足を挟まれ、右足のカカトを取られる。腰を落とし耐えたキムが、立ちがろうとするとバキトフはアンクルピックへ。

一旦離れ、右フックを打ってからダブルレッグを仕掛けたバキトフが、またも両足を束ねたところでタイムアップを迎えた。この回はバックからパンチを連打したキムが取ったか。

最終回、キムが左ロー、これまで通り細かいステップ&頭を振って前に出る。左で迎え撃つバキトフ、キムがパンチで呼応すると即シングルレッグでケージ際へ。キムのスイッチにもバックをキープし、正面に回って右足を掛けつつ四の字ロックで抑えに。早目の対処で足を抜くキムはワキを潜って立ち上がる。

執拗にキムをケージに押し込むバキトフ。離れたキムが左フック、バキトフがアッパーを返してテイクダウンへ。スイッチを幾度なく仕掛けるキムが、尻餅をついてしまったところでバキトムが正面から抑えにいく。キムは肩口にエルボーを落とし、必死に立ち上がろうとする。残り20秒を切ってレフェリーがブレイクを命じると、バキトフは最後にダブルレッグを決めた。

キム・ジェヨンは打ち合いに応じ、ヤングイーグルから昇格してきた7勝0敗のバキトフのテイクダウンダウンに屈した形で判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie