この星の格闘技を追いかける

【UFC220】蹴り技冴えたベセットだが、テイクダウンを切れずバルゾラに判定負け

<フェザー級/5分3R>
エンリケ・バルゾラ(ペルー)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マット・べセット(米国)

TUFラテンアメリカ02ウィナーのバルゾラと、UFCデビュー戦ベセットの対戦。左ローから左ハイを繰り出すベセットに対し、バルゾラが右ローを返す。ベセットは前足の蹴りを多用し、右ストレートにつなげようとする。その左ハイから右ミドルを繰り出すベセット、バルゾラも左ミドルを返すと、パンチに距離をとりつつ左フックを当てる。左ハイを当てたベセットは右ストレートをヒットさせる。

その右に組んだバルゾラがダブルレッグから持ち上げてスラム、ベセットはデラヒーバガードを取る。寝技を嫌ったバルゾラに対し、ベセットも立ち上がりパンチの圧力を与えて初回が終わった。

2R、左ハイからリードアッパーを狙うベセットが、ボディにワンツーフックを打ち込む。バルゾラの飛びヒザに観客がわく。直後に右ハイ、右ローを蹴り込んだベセットだが、逆に右ローでバランスを崩す。やや強引な右を放ったベセットが右ハイ、バルゾラが組んでケージに押し込む。離れたベセットがフックで前に出ると、バルゾラがここもダブルレッグからスラムでテイクダウンに成功する。

初回と違い勢いのあるパウンドをバルゾラが落とすと、足を絡めつつあったベセットが立ち上がる。そこをケージに押し込んだバルゾラがボディロックでテイクダウン、さらにパウンドをまとめる。試合がスタンドに戻り、バルゾラがまたもケージにベセットを押し込み、ダブル&スラムでラウンドを完全に取った。

最終回、息が荒いベセットが蹴りからパンチのファイトを続けるが、バルゾラも左ジャブを当てて、右ストレートを打ち込む。ベセットは左ボディフックをヒット、左ジャブもいれていく。ジャブをヘッドスリップでかわしたベセットの左がバルゾラを捉える。組みに行くバルゾラ、いなしたベセットが右フック、左ヒザと優勢に。

バルゾラの前進に左フックを当てたベセットだったが、ここでダブルレッグでケージに押し込まれる。両ワキを差され、ダブルに移行されたベセットはテイクダウンを許してしまう。勢いのあるパウンドを振るうバルゾラが、これでポイントを挽回。最後にスタンドに戻り、左ミドル&右ストレートを見舞ったベセットに対し、明確なポイントを得ることができたバルゾラが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie