この星の格闘技を追いかける

【AJJC2017】ライトフェザー級二連覇へ、嶋田裕太─01─「練習仲間だろうが、全力で戦う」

Yuta Shimada【写真】AllianceやMGという文字が見えないバージョンのTシャツを着ている嶋田(C)Takao Matsui

9月8(金)から10日(日)まで、東京都足立区にある東京武道館で、IBJJF主催のアジア柔術選手権2017が開催される。

そして、ADCC世界選手権も控えている嶋田裕太がライトフェザー級二連覇を目指し出場する。全日本選手権はエントリーしなかった嶋田に、アジア選手権の抱負と青木発言について訊いた前後編インタビュー。今回はアジア選手権と橋本知之について語ってもらった。

Text by Takao Matsui


――今年の全日本選手権は、出場しませんでした。

「アジア選手権の2週間後にADCCへ出場することが決まっています。さすがに2ヵ月で全日本、アジア、ADCCの3大会に出場するのは危険なので、最初から全日本選手権は回避するつもりでした。僕は練習がハードになるとケガをする率が高くなる方なので、そこを考えて回避したというのが理由です」

――全日本選手権はアダルト黒帯ライトフェザー級で橋本知之選手が優勝しましたが、出場していれば対戦が実現していたかもしれませんね。彼の戦いをどう見ましたか。

「強いなと思いました」

――自分が出場していたら……とは?

「特にそういうことは思いませんでした。自分の中では、海外の強豪選手の一人という感じです。橋本君はムンジアルの2日目に残れる選手で、僕は初日敗退ですから。ムンジアルで彼は茶帯で優勝していますが、僕は2回挑戦してダメでしたからね。

結果を出していない時点で、客観的に見て橋本君の方が僕よりも上でしょう。そこは素直に認めます。彼がムンジアルの表彰台に立ったことは嬉しかったですし、刺激にもなりました。周りが思っているほど、彼に対して敵対心のようなものはないですよ。言っていることも芯が通っているように感じます」

――高評価なのですね。

「あまり話をしたことはありませんので、人間的なことは知りませんけど、ZSTのグラップリングに出場した時に記者会見の控室で15分くらい話した時は、波長が合いそうな感じでした」

――合コンの感想のようなコメントですね(笑)。

「どんな話をしたのか覚えていませんけど、彼が遅刻をしてきたのはよく覚えています(笑)。グイグイ来る人は苦手なんです。橋本君は、静かでマイペースな感じなので、一緒にいてリラックスできるようなタイプですね」

――イケメンに負けたくないという共通点もあります。

「……」

──ハハハ。では橋本選手の技術に関しては?

「上からの発言に取られると本位でもありませんが、当然、高いですよね。準決勝で山田秀之さんと対戦した印象ですが、橋本君が終始、攻めていた感じでした。山田さんも余裕を持ちながらディフェンスしていたような感じで、守りに徹していたと思います。それで橋本君の攻撃力がそれを上回っていて、山田さんは反撃のタイミングが掴めずに終わってしまったのではないでしょうか」

――的確な分析ですね。

「妥協しないで攻め続けたことと、その技量が橋本君はあるんでしょう。具体的なテクニックを言えば、左右の足を使ったデラヒーバガードができることが強さですかね。どちらかが得意なんでしょうけど、それを相手に分からせないで使えるのはさすがです。

あれは、誰にでもできることではないと思います。海外だとジョアオ・ミヤオとかは両方できますけど、国内だとなかなかいません。彼は柔術専業でできるため、それで身につけることができたのかもしれませんね。ちなみに僕は不器用なので、そこまではできません」

――決勝では鍵山士門選手から一本勝ちを奪いました。

「決勝でもダイナミックに動いていました。大きく動くと反撃のリスクが出てきますが、反対のサイドに回ったり潜ったり、強気で攻めていましたよ。最後まで一本を狙って、それを実現できる強さを持っています。世界3位ですからね。実績でいえば、僕よりも遠い存在の選手です」

――今回のアジア選手権で対戦が実現するかと期待が高まっていましたが、橋本選手はルースター級へエントリーしました。

「もしかしたら対戦するのかもしれないという噂も、あるにはあったんですけどね……。今回はルースター級に出場するということなので、タイミングが合えばやってみたいですね」

――嶋田選手と橋本選手の試合を期待しているファンは、多いかと思います。今後の楽しみにとっておきましょう。今回のライトフェザー級は、加古拓渡選手、鍵山選手、山田選手と揃っています。

「黒帯になって1年経ちますけど、日本のレベルは高いです。練習仲間ですけど、鍵山さん、山田さん、僕も含めて海外の選手に勝つのは楽ではないと思います。でも差は、そんなにありません。彼らも僕らと対戦する時に、楽に勝てるとは思っていないはずです。

離れていないはずなのに、越えられないで平行線で何年も経ってしまっているので、差がついているように思えるだけなんです。

僕は黒帯になってブラジルへ行って、パンやムンジアル出て、ニューヨークにも行って感じたのは、絶望的な差がないということです。チャンピオンとの差はあるかもしれませんが、表彰台以外の選手に限って言えば、勝てない相手ではありません。加古さん、鍵山さん、山田さん、どの選手も差がないと思っています。

ただ世界を目指す気持ちでみんなが臨むはずですので、負けられない気持ちは強いです。例え練習仲間だろうが、全力で戦うことになります。アジア選手権で優勝して、練習相手がいるのかと言われることもありますが、レベルの高い選手が集まっていますので、とても楽しみです」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie