この星の格闘技を追いかける

【Pancrase289】目まぐるしい上下の入れ替わり、井島が八田に競り勝つ

<ストロー級/5分3R>
井島裕彰(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
八田亮(日本)

左ストレートを伸ばした八田が組み付いてテイクダウン。井島はブリッジから上を取り直すが、八田がオモプラッタでスイープする。井島の足関節狙いを防ぎ、三角絞め、さらにオモプラッタで上を取った八田は足関節を潰したが、バックを譲りそうになる。ここで井島を下に落とした八田がマウント、戻されてヒールからリバーサルを許してしまう。すると今度は八田が足関節へ。アンクルからヒールを潰した井島がパウンドを落としながら、初回終了を迎えた。目まぐるしい攻防が見られた初回は八田が3票を集めた。

2R、八田がワンツーが組みに行くが、ここでは井島がトップを奪取する。八田の三角を担いだ井島。今度は八田が足関節からトップを取りにかかる。八田がトップを取った刹那、井島がスイープを決める。勢いのあるパンチが出せない井島に対し、八田は腰を切るが井島が担ぐ。ここで八田が足関節、殴られながらアンクルへ。スクランブルからバックに回った井島はテイクダウンからハーフ、ようやく勢いのあるパンチを落とす。パウンドを集中させた井島が3つ取り返した。

最終合、八田のダブルレッグにスイープを合わせた井島はハーフでパンチを入れる。バタフライガードに戻した八田だが、足を越されそうになる。ここからスクランブルの展開となり激しいバックの取り合いは、ガードを取った井島のスイープ=トップ奪取で決着を見る。下からの仕掛けが少なくなった八田は、三角狙いを担がれバックを取られそうになる瞬間にスクランブルへ。ここで上を守った井島は、十字狙いもヒジを抜く。八田が最後に足関節を仕掛けたところでタイムアップに。井島が判定で、八田を破った。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie