この星の格闘技を追いかける

【TUF24】殴り、殴られの一戦はTDの攻防でリードしたモレノがベノイをスプリットで下す

<フライ級/5分3R>
ブランドン・モレノ(メキシコ)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ライアン・ベノイ(米国)

モレノが右ロー、ベノイの前進にアッパーを狙う。体を沈めるフェイントから左ジャブを伸ばしたモレノは、ベノイのハイを捌いてテイクダウン。ケージを背にして立ち上がったベノイは続くボディロックからのテイクダウン狙いを防いで離れる。左フックを見せて組んだモレノがテイクダウンに成功する。

スクランブルの展開でもボディロックで後方に投げを見せたモレノが、スタンドでバックコントール。胸を合わされると離れたモレノのローがベノイの急所に入り、試合が一時中断される。再開後、モレノの左ミドルにベノイが右フックを合わせていく。強烈なベノイの左ミドルにも、荒いパンチで前に出るモレノ。ベノイは左フックを入れて終盤は攻勢だった。

2R開始直後にダブルレッグで組み付いたベノイ、離れて右ローを蹴っていく。両者の左フックを交錯し、モレノは右ストレートをヒット。ベノイも右を返し、左フックでダウンを奪う。モレノは即スタンドに戻ると、右フックを打たれながら組み付いてダブルレッグでテイクダウンに成功する。右手でベノイの右手首を掴んで左のパンチを入れるモレノは、立ち上がったベノイをもう一度抱え上げてスラム。そのままトップを制し、ポイント的にはフラッシュダウン分を取り返したか。

最終回、シングルでベノイを押し込むモレノ。バックを譲らず離れたベノイは、右ストレートを2発連続で被弾する。スピードが落ちたモレノのパンチを被弾するベノイ、つまり距離はモレノということになる。左フックを返すベノイ、両者バランスを崩す場面が見られるなど、疲弊しまくっていた両者。消耗戦はテイクダウンでリードしたモレノがスプリット判定をモノにした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie